現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOW TO] Windows XP CD-ROM からファイルと設定の転送ウィザードを使用する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306186
概要
この資料では、Microsoft Windows XP CD-ROM を使って、ファイルと設定の転送ウィザードを使用する方法を順を追って説明します。ファイルと設定の転送ウィザードを使用すると、あるコンピュータから別のコンピュータに設定を転送できます。転送される設定内容には、デスクトップ、ディスプレイ、およびダイヤルアップ接続の設定の他に、Microsoft Internet Explorer および Microsoft Outlook Express の個人用設定も含まれます。

先頭に戻る

Microsoft Windows XP CD-ROM からファイルと設定の転送ウィザードを使用する方法

Microsoft Windows XP CD-ROM からファイルと設定の転送ウィザードを使用するには、まずこの資料の「古いコンピュータからファイルと設定を収集する」の手順を完了した後に、「新しいコンピュータにファイルと設定を転送する」の手順を完了します。

先頭に戻る

古いコンピュータからファイルと設定を収集する

  1. ファイルと設定を収集するコンピュータで、ファイルと設定の転送ウィザードを開始します。
    1. CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに Windows XP CD-ROM を挿入します。
    2. [スタート] ボタンを右クリックして、[エクスプローラ] をクリックします。Windows XP CD-ROM の Support\Tools フォルダを開きます。
    3. Fastwiz.exe ファイルをダブルクリックして、ファイルと設定の転送ウィザードを開始します。
  2. [次へ] をクリックします。
  3. [転送元の古いコンピュータ] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  4. [フロッピー ドライブまたはその他のリムーバブル メディア] など、使用する転送方法をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. [何を転送しますか?] 画面で、転送を行う項目をクリックし、[次へ] をクリックします。

    : 項目を選択すると、転送する項目の概略が [現在の選択に基づいて、次の項目が転送されます] の一覧に表示されます。この一覧を使用して、希望の設定またはファイルが転送されることを確認できます。
  6. ウィザードにより、ファイルと設定が収集されます。手順 3. で [フロッピー ドライブまたはその他のリムーバブル メディア] を選択した場合、メディア (フロッピー ディスクまたはその他のリムーバブル メディア) を挿入するように指示されます。挿入後、[OK] をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。
先頭に戻る

新しいコンピュータにファイルと設定を転送する

  1. 設定を復元するユーザーとして Windows XP ベースのコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックして、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントし、[ファイルと設定の転送ウィザード] をクリックします。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. [これはどちらのコンピュータですか?] 画面で、[転送先の新しいコンピュータ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. [ウィザード ディスクは必要ありません。既に、古いコンピュータからファイルと設定を収集しました] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. [ファイルと設定はどこにありますか?] 画面で、先ほど選択したものと同じ転送方法をクリックします。たとえば、[フロッピー ドライブまたはほかのリムーバブル メディア] です。

    : [その他 (例、リムーバブル ドライブ、またはネットワーク ドライブ)] をクリックした場合、収集したファイルと設定が含まれている場所を参照するか、または入力します。
  7. [次へ] をクリックします。[フロッピー ドライブまたはその他のリムーバブル メディア] を選択した場合、ディスク 1 を挿入するよう指示があります。挿入後、[OK] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。
  9. 次のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    変更を有効にするにはログオフする必要があります。今、ログオフしますか?
  10. コンピュータにログオンし、転送した設定を有効にします。
先頭に戻る
対処方法
設定の中には、Windows XP ベースのコンピュータに復元されないものがあります。ファイルと設定の転送元コンピュータに Windows XP では利用できないデバイスや、互換性のないデバイスの設定が含まれいている場合、これらの設定は転送されません。元の場所に復元できないファイルやフォルダの一覧は、ファイルと設定の転送ウィザードの [ファイルと設定の転送ウィザードの完了] 画面に表示されます。

以下に、転送できない可能性のある項目の種類を一覧します。
  • Windows XP ベースのコンピュータに組み込まれていないデバイスが使うサードパーティ製ドライバ ファイル
  • Windows XP ベースのコンピュータで利用できないネットワーク プリンタ
先頭に戻る
詳細
ファイルと設定の転送ウィザードを使用して、Windows XP の設定のバックアップ コピーを作成できます。Windows XP を再インストールする必要がある場合に、このバックアップを使用してファイルと設定を復元できます。

先頭に戻る









関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 306186 (最終更新日 2001-11-02) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:306186 - 最終更新日: 11/02/2001 10:41:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • kbhowto kbhowtomaster kbtool kbui jptrf KB306186
フィードバック