ハイブリッド構成ウィザードを実行すると "RequiredTls flag should be set to true if TlsCertificateName is specified" というエラーが発生する

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、以下のエラー メッセージが表示されます。
Execution of the Set-HybridMailflow cmdlet had thrown an exception. This may indicate invalid parameters in your Hybrid Configuration settings.

RequiredTls flag should be set to true if TlsCertificateName is specified.

at Microsoft.Exchange.Management.Hybrid.RemotePowershellSession.RunCommand(String cmdlet Dictionary`2 parameters Boolean ignoreNotFoundErrors) "

(Set-HybridMailflow コマンドレットの実行中に例外が発生しました。ハイブリッド構成設定に無効なパラメーターが指定されている可能性があります。TlsCertificateName を指定している場合は、必須 TLS フラグを true に設定してください。at Microsoft.Exchange.Management.Hybrid.RemotePowershellSession.RunCommand(String cmdlet Dictionary`2 parameters Boolean ignoreNotFoundErrors))
原因
この問題は、送信コネクタまたは受信コネクタに、証明書に記載のないトランスポート層セキュリティ (TLS) 名が設定されている場合に発生します。このような状況は証明書を変更した場合に起こることがあり、コネクタ名の不一致につながります。
解決策方法
ハイブリッド構成ウィザードを再度実行します。オンプレミス Exchange サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力する画面で、簡易メール転送プロトコル (SMTP) サービスへ渡される証明書に記載されている名前と同じ値を入力するようにしてください。
追加情報
以下の手順に従い、使用可能な証明書とドメイン名を確認します。
  1. オンプレミス Exchange サーバーで Exchange 管理シェルを起動し、以下のコマンドを実行します。
    Get-ExchangeCertificate |fl Services,CertificateDomains,thumbprint,IsSelfSigned
  2. “Services” 部分が SMTP となっている証明書を検索します。
  3. IsSelfSigned パラメーターが False に設定されている証明書を検索します。
  4. CertificateDomains 値を確認します。その後、外部 DNS 用に構成したドメイン名を検索します。
その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイト、またはExchange TechNet フォーラムを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3062283 - 最終更新日: 05/19/2016 09:18:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

  • o365e o365m o365p o365022013 o365 o365a hybrid KB3062283
フィードバック