ENTSSO は、3000847 の修正プログラムを適用した後、メモリ リークが発生しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3062831
現象
  • 問題 1

    次のマイクロソフト サポート技術情報の資料から修正プログラムを適用した後は、エンタープライズ シングル サインオン (ENTSSO) サービスでメモリ リークがトリガーされます。

    この問題原因で発生します SSOCSServer!CICSServer::GetConfigInfo 関数が繰り返し呼び出されます。これが原因で、 CPDeriveKey() 継続的に新しいキーを生成するのには Windows の地下聖堂の API です。この問題を解決するのには CryptDestroyKey() 生成されたキーを使用した後はメモリの割り当てを解除するのには呼び出す必要があります。
  • 問題 2

    次のような状況を考えます。
    • Microsoft BizTalk で含まれているエンタープライズ シングル サインオン (SSO) バージョン 5 のコンポーネントをインストールしました。
    • 次のシナリオの 1 つは、マスター シークレット キーを復元するバックアップ ファイルから。
      • エンタープライズ SSO クラスターを設定する場合
      • エンタープライズ SSO の災害復旧時に
      • エンタープライズ SSO サーバーをマスター シークレット サーバー (MSS) を推進しているとき
      • エンタープライズ SSO の以前のバージョンからの移行時に
      • エンタープライズ SSO の以前のバージョンからのインプレース アップグレード中に
      • 複数のエンタープライズ SSO の V5 の復元とバックアップのシーケンスを実行するとき
    これらのシナリオのいずれかにマスター シークレット キーを復元した後、エンタープライズ SSO は、エンタープライズ SSO データベースに格納されているデータを暗号化解除できません。エンタープライズ SSO では、このような状況で、アプリケーション ログに次のイベントが記録されます。
    イベント ID: 10536
    ソース: ENTSSO
    レベル: 警告
    SSO 監査機能: GetConfigInfo ({11111111-6055-4cda-89CD-389E8A2B1640}) の追跡 ID: b084f15b-43fd-474e-a075-398943753c91 クライアント コンピューター: コンピューター名 (実行可能ファイル名: PID) クライアント ユーザー: ユーザー名アプリケーション名: アプリケーション名のエラー コード: 0x80090005、不正なデータです。

    さらに、BizTalk Server 管理 MMC スナップインを開くと、次のポップアップ エラーが記録されます。
    BizTalk Server 管理
    不正なデータです。
    (WinMgmt)
    ボタン:
    [Ok]
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトのサポートから使用できます。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用する前提条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

32 ビット (x86) バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Infocache.dll9.0.2187.0130,5362014-01-10 月22:00x86
Microsoft.enterprisesinglesignon.systemmmc.dll9.0.2187.0198,6322014-01-10 月22:00x86
Ssoss.dll9.0.2187.0113,1282014-01-10 月22:00x86
64 ビット (x64) バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Infocache.dll9.0.2187.0130,5362014-01-10 月22:00x86
Microsoft.enterprisesinglesignon.systemmmc.dll9.0.2187.0198,6322014-01-10 月22:00x86
Ssoss.dll9.0.2187.0113,1282014-01-10 月22:00x86
Infocache.dll9.0.2187.0151,5282014-01-10 月22:00x64
Microsoft.enterprisesinglesignon.systemmmc.dll9.0.2187.0198,6322014-01-10 月22:00x86
Ssoss.dll9.0.2187.0124,3922014-01-10 月22:00x64

ファイルの依存関係は、これらのファイルを含む最新の修正プログラムの追加ファイルが含まれている可能性があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3062831 - 最終更新日: 10/27/2015 17:02:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Host Integration Server 2013, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbautohotfix kbhotfixserver kbmt KB3062831 KbMtja
フィードバック