Office 365 の新規ユーザーに Skype for Business Online をプロビジョニングできない

現象
Office 365 に新規ユーザーを作成し、Skype for Business Online (旧 Lync Online) を含むライセンスを付与したが、ユーザーに Skype for Business Online のアカウントがプロビジョニングされません。Skype for Business Online 管理センターの [ユーザー] タブで確認できます。  
解決方法
以下の手順に従って、この問題をトラブルシューティングしてください。  
  1. Office 365 ポータルでユーザーに有効な Skype for Business Online ライセンスが割り当てられており、またユーザーの “サインイン状態の設定” が [許可] に設定されていることを確認してください。
  2. ユーザーに適切な Skype for Business Online ライセンスを割り当てた後、30 分程待ってから、ユーザーがいずれかの Lync 2013 または Skype for Business クライアントを用いて Skype for Business Online にサインインできるかどうかを確認してください。
  3. 通常 30 分以内には、ユーザーにサービスがプロビジョニングされますが、Office 365 のすべてのサービスが完全にプロビジョニングされるまで最大 24 時間かかる場合もあります。
  4. オンプレミス Active Directory から同期する際、ユーザーの msRTCSIP-PrimaryUserAddress 属性が Office 365 で認証されていないセッション開始プロトコル (SIP) が設定されている場合、Skype for Business Online はプロビジョニングされません。この問題が継続するような場合は、サポートにサービス リクエストを送信してください。
追加情報
この問題は、以下のいずれかの条件の場合に発生する可能性があります。  
  • ユーザーに Skype for Business Online ライセンスが割り当てられていない。
  • Microsoft Azure Active Directory から Skype for Business Online へのレプリケーションに必要な時間が経過していない。
  • ユーザーの SIP アドレスに競合が生じている。
  • ユーザーの所在地がインスタント メッセージを利用できない場所に設定されている。そのために、Skype for Business Online がプロビジョニングされない。
  • オンプレミス Active Directory に起因してプロビジョニングに問題が生じる可能性がある。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3063407 - 最終更新日: 07/08/2015 20:32:00 - リビジョン: 1.0

Skype for Business Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB3063407
フィードバック