Exchange ハイブリッド展開に参加しているオンプレミス ユーザーが会議を予約する際、空き時間情報は表示されるがリソースの容量や詳細情報が表示されない

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
オンプレミス Exchange Server と Office 365 の Exchange Online をハイブリッド展開しています。オンプレミス ユーザーが会議室または会社の備品などのリソースを使用する会議を予約しようとすると、ユーザーにはリソースの空き時間情報は表示されますが、容量や説明などその他のプロパティが表示されません。
原因
この問題は、リソース メールボックスがオンプレミス環境から Exchange Online へ移行された場合に発生します。オンプレミス リソース メールボックスの容量および詳細プロパティは、Active Directory 内のオブジェクトの msExchResourceCapacity および msExchResourceDisplay 属性に格納されています。オブジェクトがオンプレミス環境から Exchange Online へ移行されると、これらの属性はオンプレミス Active Directory から削除されます。このため、オンプレミス ユーザーには移行されたリソース メールボックスの容量および詳細情報が表示されません。
解決方法
オンプレミス環境で、Exchange Online に移行されたリソース メールボックスの msExchResourceCapacity および msExchResourceDisplay 属性を手動で更新します。これにより、オンプレミス ユーザーにも移行されたリソース メールボックスの容量および詳細情報が表示されるようになります。

以下の手順に従って実行してください。
  1. 以下の手順に従って、 Exchange Online から属性の値を取得します。
    1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します。詳細は、「リモート PowerShell による Exchange への接続」を参照してください。
    2. Get-Mailbox コマンドレットを実行し、Exchange Online からこれらの属性の値を取得します。詳細は、「Get-Mailbox」を参照してください。
    3. 結果を検査し、ResourceCapacity および ResourceCustom プロパティに対して返された値を控えます。
  2. 手順 1 で取得した値を用いて、オンプレミス Active Directory にあるオブジェクトの msExchResourceCapacity および msExchResourceDisplay 属性を更新します。
追加情報
その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトまたは Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3065364 - 最終更新日: 05/19/2016 09:14:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

  • o365022013 o365 o365a o365e o365m hybrid KB3065364
フィードバック