PRB: エラー 80004005 のトラブルシューティング「ログインに失敗しました」の ASP で

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:306586
現象
Microsoft SQL Server に接続する ActiveX データ オブジェクト (ADO) を通じて Active Server Pages (ASP) を使用する場合は、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
Microsoft OLE DB プロバイダー用 ODBC ドライバーのエラー '80004005'
[マイクロソフト][ODBC SQL Server ドライバー][SQL Server]ログインに失敗しました-ユーザー: 理由: SQL Server の信頼関係接続の有効なユーザーとして定義されていません。
原因
このエラーが発生する理由は 2 つあります。
  • SQL EnterpriseManager の統合セキュリティが有効になっているし、使用されている Microsoft Windows NT アカウントには SQL アカウントを beenmapped ではありません。
  • 接続文字列にユーザー ID とは、無効な orblank です。
解決方法
この問題を解決するには、次の条件が満たされていることを確認します。
  • Windows NT アカウントは、SQLaccount にマップされます。
  • 接続文字列にユーザー ID は有効では、notblank です。
  • SQL Server Enterprise Manager の標準的なセキュリティを設定します。Toimplement の SQL Server の標準セキュリティでは、これらの手順に従います。
    1. SQL Enterprise Manager からは、[サーバー マネージャー] ウィンドウに表示されている SQL Server の名前を右クリックしをクリックし、 プロパティ.(SQL Server バージョン 6.5 をクリックしてください。 構成します。).
    2. [ セキュリティ オプション、] をクリックし、 標準およびウィンドウ.(SQL Server バージョン 6.5 をクリックしてください。 標準).
  • パスワード同期 オプション無効になってそのプロジェクトの underMicrosoft のインターネット インフォメーション サービス (IIS) 4.0 を実行している場合。
状況
これは仕様による動作です。
関連情報
詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
176380 [Howto]: ASP は、SQL で信頼関係接続 Guest アカウントを使用して
307002 PRB: ASP、構造体、SQL Server ODBC エラー 0x80040E4D「ログインに失敗しましたユーザー '(Null)'」

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:306586 - 最終更新日: 07/03/2016 14:04:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Active Server Pages 4.0, Microsoft Data Access Components 2.1, Microsoft Data Access Components 2.5, Microsoft Data Access Components 2.6

  • kbprb kbmt KB306586 KbMtja
フィードバック