現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

DMPDownloader.log マイクロソフト Intune には構成マネージャーを接続すると安全に無視できるエラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3065915
概要
DMPDownloader.log ファイルを Microsoft Intune サービスに接続するときにエラーを表示可能性がありますメッセージは無視してかまいません。テキストとして表示する開始を具体的には、エラー「エラー: 不明なメッセージの種類」は無視してかまいません、メッセージ型の値は Microsoft システム センター 2012 R2 構成 Manageror システム センター 2012 R2 構成マネージャー サービス Pack1 (SP1) 16 のより多くの 12 以上の場合。
詳細
構成マネージャーの環境に、設置のお客様環境、Microsoft Intune サービス間で交換される情報 passedthrough をいくつかの異なるメッセージの種類です。DMPDownloader それらのメッセージをダウンロードし、処理処理コンポーネントの構成マネージャーを送信します。探索メッセージの種類は、データ探索マネージャー (DDM) コンポーネントに送信されます。

新しい種類のデータは構成マネージャーまたは Microsoft Intune の機能が展開された後に、2 つのコンポーネント間で交換する必要を場合は、新しいメッセージの種類を作成しなければなりません。マイクロソフト Intune サービスに新しいメッセージ型を作成するときに構成マネージャーで、メッセージを定義する、対応するコードの変更を実装しなければなりません。エラー メッセージとして、「概要」セクションに記載されているメッセージが表示されますこの変更が実装されるまでは無視してかまいませんし。
ConfigMgr 2012 R2 SP1

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3065915 - 最終更新日: 06/12/2015 16:23:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager Service Pack 1, Microsoft Intune

  • kbmt KB3065915 KbMtja
フィードバック