NTFS 圧縮として作成された重複除外のボリューム上のファイルが破損しています。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3066174
現象
ユーザーは、NTFS の圧縮ボリュームのルートで有効にすることによって作成された重複除外が有効なボリューム上のファイルを開くことができなくします。さらに、ジョブをスクラブするデータ重複除外では、それを修復できないファイルのボリューム上のレポートが破損する、イベント ログにイベントを記録することがあります。
原因
この問題は、ときに、プロセスの書き込み、インプレース重複除外のボリューム上のファイルを圧縮ボリュームのルートに保存されている重複除外のメタデータが破損したために発生します。圧縮ボリュームのルートに保存されている重複除外機能のメタデータは、システム ボリューム情報 (SVI) フォルダーの下には。

ルートで有効になっているボリュームを作成するとき圧縮するボリュームでは、重複保存防止はサポートされていません。圧縮フォルダーの重複除外機能がサポートされて、機能、期待どおりにします。
解決方法
この問題を解決するを有効にしないでボリューム ・ レベルの圧縮が有効になっている NTFS ボリューム上のデータ重複除外です。

残念ながらに、重複除外が有効になっている既存の圧縮ボリュームに既に破損しているデータを復元できません。既に破損しているファイルは、可能な場合、バックアップから復元しなければなりません。

重複除外のメタデータのフォルダーの圧縮を解除して、このボリュームの重複除外ファイルに書き込み操作が不要になった破損しているように、以下の手順を実行します。

注: <b>で、コマンドの例は、 <X></X> として作成されたボリュームが圧縮されているし、データの重複除外が有効になっています。
  1. PsExec ツールを次の Windows Sysinternals の web サイトからダウンロードします。

    注: <b>PsExec ツールを使用して、「システム」のユーザー権利のことで、プロセスを実行できます。これは、機能は、システム ボリューム情報フォルダーに配置されている保護されたデータ重複除外機能メタデータのフォルダーにアクセスする必要があります。
  2. 影響を受けるボリューム上のユーザーのデータ アクセスをブロックします。これを行うには、次の Windows PowerShell を実行します 無効にする dedupvolume コマンド:

    disable-dedupvolume X: -dataaccess
    注:
    • このコマンドは、マウントを解除し、データ重複除外フィルターが接続されていることがなくボリュームを再マウントし。これは、ユーザーが重複除外、ファイルへのアクセスをブロックします。
    • マウント解除の操作には、このボリューム上のすべての開いているファイル ハンドルが無効になります。
  3. PsExec を使用して、「システム」のユーザーとしてCmd.exeを実行します。これを行うには、次のコマンドを実行します。

    Psexec.exe –i –s cmd
    注: <b>割り当てられるユーザー権利を「システム」のことで、コマンド プロンプト ウィンドウが開きます。

    注意事項:"SYSTEM"アカウントは、非常に高いレベルのアクセスの管理者アカウントとユーザー アカウントです。"SYSTEM"アカウントで実行されているときに、資料に記載されている手順のみを実行するのには注意が必要です。Acl を変更またはシステム ボリューム情報フォルダーの所有権を取得しないように特に注意が必要。
  4. PsExec のコマンド プロンプト ウィンドウで、影響を受けるボリュームのシステム ボリューム情報フォルダーを探します。
  5. ボリュームの重複除外機能のメタデータのフォルダーが現在圧縮されていることを確認します。
  6. ボリュームの重複除外機能のメタデータのフォルダーを展開します。
  7. PsExec のコマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを実行します。

    X:\System Volume Information>compact /s:Dedup

    出力は、次の概要のメッセージに含まれます。

    N ディレクトリ内の M ファイルの

    <X>圧縮と<Y>は圧縮されません</Y>。</X>

    場合 <X></X>ゼロ (0) より大きい値は、ステップ 8 に進みます。重複除外のメタデータのフォルダーが圧縮されていないために、それ以外の場合、手順 11 に進みます。
  8. PsExec のコマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを実行します。

    X:\System Volume Information>compact /u /s:Dedup
  9. 重複メタデータ フォルダー圧縮するを待ちます。プロセスは、一度に 1 つのファイルで動作し、非常に遅くなることができます。

    このプロセスで必要とされる時間は、ボリューム上にあるデータの量に比例します。テラバイト規模データにはが含まれているボリュームの場合は、このプロセスを完了するいくつかの時間がかかります。それが完了すると、コマンドが終了し、次のステータス メッセージが生成されます。

    M ディレクトリ内の N のファイルを圧縮できませんでした。
  10. PsExec のコマンド プロンプト ウィンドウで、データ重複除外機能のメタデータのフォルダー内に圧縮されたファイルがないことを確認するのには次の「圧縮状態の表示」コマンドを実行します。

    X:\System Volume Information>compact /s:Dedup
  11. PsExec のコマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。
  12. 影響を受けるボリューム上のユーザーのデータ アクセスを再度有効にします。これを行うには、次のコマンドを実行します。

    Enable-DedupVolume X: -DataAccess
    注:
    • このコマンドは、マウントを解除し、接続されているデータの重複除外フィルターを使用してボリュームを再マウントします。ユーザーは重複除外ファイルにアクセスすることになります。
    • マウント解除の操作には、このボリューム上のすべての開いているファイル ハンドルが無効になります。
    この Windows PowerShell コマンドの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

注: <b>発生しているような破損を防ぐため、として作成されたすべての重複除外が有効なボリュームに対してこの手順を実行するには、次のように圧縮されます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3066174 - 最終更新日: 07/26/2015 08:27:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation

  • kbtshoot kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3066174 KbMtja
フィードバック