サードパーティ製モジュールのために outlook がクラッシュします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3066908
現象
Microsoft Office 構成アナライザー ツール (OffCAT) を実行し、サードパーティ製モジュールが原因で発生する Microsoft Outlook でのクラッシュの問題が報告された問題を検索します。報告された問題は、次のようになります。

サードパーティ製モジュールのための outlook クラッシュします。 Module_name.dll します。 年/月/日 hh:mm:ss

OffCAT でクラッシュの問題を選択すると、右側にある問題の説明と解決策の領域には、モジュールを作成するサード パーティのベンダーの名前が表示されます。

Thrid 製モジュールのレポートのための OffCAT クラッシュの例

表示された場合ありませんこの記事を OffCAT の診断ツールによって、OffCAT ツールを使用してこの問題を検出する方法については、「関連情報」を参照してください。
原因
この問題は、OffCAT のレポートに記載されているサードパーティ製モジュールが原因で発生します。
対処方法
サード ・ パーティ製のアドインが原因で発生する Microsoft Outlook でのクラッシュのトラブルシューティングを行う、この資料に記載されている手順に従うことができます。次の手順は、迅速に問題を解決するため意図的に並べられます。



  1. スコープの問題です。
    原因で発生する、サードパーティ製のアドインを Outlook でのクラッシュは、断続的にまたは頻繁に発生します。ランダムな時間または特定のアクションを実行するたびにも発生します。問題を正しく解決するには、クラッシュが発生する頻度と、特定のアクションの結果になるかどうかを決定する必要があります。場合は、クラッシュが発生するは、Outlook 起動時に毎回、または Outlook で作成した特定のアクションの結果として、Outlook を起動したり、問題をテストするためにそのアクションを実行できます。ただし、クラッシュが間欠的に発生し、ことはほとんどありませんが発生すると、ランダムな時間に自動的に数時間または数日であっても、問題が解決したかどうかを判断するために手順の間で実行する必要があります。
  2. サードパーティ製アドインを識別します。
    問題の OffCAT のレポートでは、モジュール名と、サード ・ パーティ製のアドインを作成したベンダーの名前を提供します。複数のアドインがインストールされている名前が似ていることがあります。したがって、適切なサードパーティ製アドインを識別する OffCAT レポートで提供される情報を使用する必要があります。
  3. 起動のたびに Outlook がクラッシュした場合は、セーフ モードで Outlook を起動します。
    セーフ モードで Outlook を起動するときに Outlook に対して行ったカスタマイズの多くは読み込まれません。代わりに、これらの設定は、既定の設定に一時的に置き換えられます。さらに、COM アドインおよび Exchange クライアント拡張機能は読み込まれません。この現象は、Outlook とデータをやり取りするダイナミック リンク ライブラリ (Dll) の数を減らします。/Safe コマンド ラインを使用して、セーフ モードで Outlook を起動するのに切り替えると、これらの手順に従います。
    1. Outlook を終了します。
    2. Windows キーながら R キーを押し、[実行] ダイアログ ボックスを開く
    3. タイプ Outlook.exe/safeと入力し、[OK] をクリックします。

    Outlook は正常に起動することができます、これでは、問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を理解することができます。
  4. 最新の累積的な更新プログラムで Outlook を更新します。
    累積的な更新には、Outlook で利用可能なすべての更新プログラムが含まれています。Outlook で発生している問題を解決するは、累積的な更新プログラムで利用可能なコードを変更しています。更新プログラムをインストールし、Outlook をテストしない限り、発生している問題を累積的な更新によって決定されるかどうかを決定できる場合があります。したがって、Outlook を最新のビルドに更新して、発生している問題が解決するかどうかを参照してくださいことをお勧めします。

    Outlook の最新の累積的な更新プログラムを入手する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    2625547 (アメリカ英語のみ) の Microsoft Outlook の最新の適用可能な更新プログラムをインストールする方法

    最新の累積的な更新プログラムをインストールした後にクラッシュする Outlook が解決しない場合、残りのトラブルシューティング手順に従います。
  5. サードパーティのアドインを更新します。
    アドインで利用可能な更新プログラムで発生している問題を解決する可能性があります。アドインのベンダーの web サイトに移動するか、Outlook とより安定している更新されたバージョンがあるかどうかを判断するためにベンダーに問い合わせてください。利用可能な更新プログラムがない場合、または更新プログラムをインストールした後に発生するクラッシュが解決しない場合は、次の手順に進みます。
  6. サードパーティのアドインを無効にします。
    1. Outlook を起動します。
    2. [ファイル] タブのオプション] をクリックし、 [アドイン] をクリックします。
    3. Outlook の [オプション] ダイアログ ボックスの下部には、管理] ボックスにCOM アドインの場合が表示されているかどうかを確認し、し、[移動] をクリックします。

      Outlook COM アドイン
    4. [ COM アドイン] ダイアログ ボックスでサードパーティのアドインを無効にする] をクリックし、[OK] をクリックします。

      サード ・ パーティ製のアドインを無効にします。

      注: <b>いくつかのアドインが無効にできません正しくとき youdisable それらをここにします。この手順を完了するクラッシュが解決しない場合は、クラッシュが原因で同じモジュールがサードパーティ製かどうかを確認するには、再度 OffCAT を実行できます。以前のクラッシュのレポートを含めてはいけません、最新のクラッシュのレポートに表示されていることを確認するのには日付と OffCAT レポートのクラッシュの時間を確認します。
  7. 追加のソフトウェアをアンインストールします。
    この時点までのすべての手順を完了すると、サードパーティ製モジュールのため、クラッシュが発生しても、サード ・ パーティ製のアドインのアプリケーションをアンインストールするのには最後の手順になります。
    1. コントロール パネルを開きます。
    2. [プログラムのアンインストール] をクリックします。
    3. 一覧で、サード パーティ製アプリケーションを見つけて、それを選択します。
    4. [アンインストール] をクリックします。

      第 3 サードパーティのアドインをアンインストールします。
サードパーティ情報の免責事項

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。
詳細
OffCAT は、現在の Outlook プロファイルの詳細なレポートを提供する診断プログラムです。このレポートでは、プロファイルについての多くのパラメーターが含まれていて、自分のプロファイル内で検出される既知の問題を強調表示します。レポートに記載されているすべての問題、問題の修正の概要を説明するマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 記事へのリンクが表示されます。

ダウンロードして、Office 構成アナライザー ツールをインストールして実行して、OffCAT レポートを生成する方法については、次のリンクを使用します。

Outlook の OffCAT のレポートを生成した後は、懸案事項の一覧を表示します。の問題はすべて、を展開クラッシュ クラッシュしたすべての懸案事項を表示します。この資料が適用されるかどうかを判断するには、次の図に示すように「サード ・ パーティ製モジュールための Outlook クラッシュ」という問題を確認します。

サード ・ パーティ製のアドインのための OffCAT クラッシュ


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3066908 - 最終更新日: 12/08/2015 05:34:00 - リビジョン: 2.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010

  • kbmt KB3066908 KbMtja
フィードバック