Windows Server 2003 クラスタを構成した後 "アクセスは拒否されました。" というエラー メッセージが表示される

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ローカル管理者としてログオンして Windows Server 2003 または Windows 2000 Advanced Server のクラスタを構成した後、セットアップの最後に自動的にクラスタ アドミニストレータ (CluAdmin.exe) が起動してクラスタへの接続が行われたときに、"アクセスは拒否されました。" というエラー メッセージが表示されることがあります。
原因
この現象は、ローカル管理者アカウントに "空白の" パスワードを使用しているために発生します。空白のパスワードでのネットワーク接続は、ドメイン環境の管理者アカウントには許可されていません。
解決方法
この問題を解決するには、次のいずれかの方法を使用します。推奨する解決方法は最初の方法です。

方法 1

ローカル管理者アカウントに対してパスワードを作成します。ローカル管理者アカウントのパスワードは、クラスタ内のすべてのノードで同一である必要はありません。

方法 2

クラスタ アドミニストレータで、[クラスタまたはサーバー名] ボックスにピリオド (.) を入力してから [OK] をクリックします。これにより、クラスタ アドミニストレータは、クラスタに到達するためにネットワーク経由でクラスタ名に接続するのではなく、ローカルのクラスタ サービス アカウントに接続します。

: この解決方法はクラスタの構成や機能には影響しません。クラスタ アドミニストレータがクラスタ名に接続するときの動作のみが解決されます。
状況
この動作は仕様です。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 306771 (最終更新日 2003-06-05) を基に作成したものです。
mscs
プロパティ

文書番号:306771 - 最終更新日: 01/11/2015 04:23:40 - リビジョン: 8.1

  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbnetwork kbprb KB306771
フィードバック