サービスが正しく設定されていないため Office 365 のユーザーが Exchange Online に接続できない

現象
Exchange Online への接続設定や IP アドレスなどが正しく設定されていない場合、2015 年 7 月 8 日以降 (当初の予定は 2015 年 6 月 26 日) サービスに接続できなくなります。

不適切な接続設定で使用されている可能性のあるサービスは以下のとおりです。
  • Autodiscover (自動検出): 接続するサーバー名を自動的に検出するため使用される機能
  • Exchange ActiveSync (EAS): モバイル デバイス上の電子メール クライアント アプリケーションで使用されるプロトコル
  • POP3 および IMAP4: デスクトップおよびモバイル デバイス上の電子メール クライアント アプリケーションで使用されるプロトコル
  • SMTP: 電子メール メッセージの送信に使用されるプロトコル
正しく設定されていない場合、2015 年 7 月 8 日以降はサービスへ接続できなくなります。本資料に記載の情報を用いて、組織内のユーザーがこれらの設定を正しく設定していることを確認してください。
解決策
以下の表では、設定する必要のある機能、プロトコル、サーバーの設定が記載されており、また設定方法の説明が含まれる資料へのリンクも提供しています。

Windows はサーバー名を解決するため DNS を使用する前に“Hosts”ファイルを使用します。Windows コンピューター上の Hosts ファイルが、表内のいずれかのサーバー名に対するエントリを有しており、またエントリがハードコードされた IP アドレスに紐付いている場合、サーバー名の解決に DNS は使用されません。本資料に記載されている問題が生じる可能性のあるすべてのシステムで、Hosts ファイルを確実にリセットしてください。

Hosts ファイルのリセット方法に関する情報については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
972034: Hosts ファイルを既定にリセットして戻す方法

追加情報
その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3067822 - 最終更新日: 06/22/2015 21:08:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Exchange Online

  • o365e o365m o365022013 o365 o365a KB3067822
フィードバック