修正: Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 Service Pack 4 で移行が失敗した Office 365 のハイブリッドの一部としてメールボックスの移動

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3068289
現象
ハイブリッドで Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 Service Pack 4、Microsoft Office 365 移行の一部としてメールボックスを移動しようとするいくつかのメールボックスの移動が失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

Https://path/mrsproxy.svc への呼び出しに失敗しました。
リモート サーバーがエラーを返しました: (401)

原因
この問題は発生場合は、オンプレミス Exchange エンドポイントがユニファイド アクセス ゲートウェイ 2010 年まで発行します。ユニファイド アクセス ゲートウェイは cookie をサポートするすべてのクライアントを想定しています。ただし、これはしない、Office 365 は、クライアントと。クライアントが同じ発信元 ip アドレスとポートからアクセス ゲートウェイの統合セッション cookie なしの 7 つの後続の要求を送信、アクセス ゲートウェイの統合その他の要求を拒否します。この潜在顧客のメールボックスに移動する障害。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この問題を解決するのに、アクセス ゲートウェイの統合サーバー上で修正プログラムをインストールします。この修正プログラムでアクセス ゲートウェイの統合は、セッション cookie が提供されることがなく承認要求の数を構成できます。

アクセス ゲートウェイの統合サーバーにこの修正プログラムを適用した後 InconsistentCookieThreshold の DWORD 値を追加するあります。

レジストリの場所:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WhaleCom\e-Gap\von\UrlFilter

DWORD 名:InconsistentCookieThreshold
DWORD 値: 30 (10 進)


注: <b>特にサイズの大きいメールボックスは、DWORD の値を大きくしなければなりません。

重要: メールボックスの移行タスクを完了した後このレジストリ サブキーのアクセス ゲートウェイの統合サーバーから削除してください。

アクセス ゲートウェイの統合サーバーの構成を有効にして実行し、必要があります、このレジストリ サブキーに適用した後インターネット インフォメーション サービス (IIS) がリセットされます。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3068289 - 最終更新日: 06/21/2015 04:35:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Forefront Unified Access Gateway 2010 Service Pack 4

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbbug kbmt KB3068289 KbMtja
フィードバック