ホーム領域の検出が正しく動作しない: クレーム対応していない依存元パーティ信頼 Windows Server 2012 R2 の

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3070080
Windows Server 2012 R2 ベース Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) サーバーで発生する問題について説明します。修正プログラムがこの問題を解決します。修正プログラムが、 前提条件.
現象
依存元パーティ信頼: クレーム対応していない Windows PowerShell コマンドを使用することと仮定します。依存元パーティ信頼 Web アプリケーション プロキシ経由を発行します。この状況ではホーム領域の検出が正しく提供されないと: クレーム対応していない依存元パーティ信頼に制限されている Active Directory の要求プロバイダー信頼。

注:
  • 修正プログラムをインストールした後以外: クレーム対応証明書利用者パーティ信頼が Windows PowerShell によって作成されることは既定でアクティブ ディレクトリ要求プロバイダー信頼にまだ制限です。互換性を維持するこの動作に依存する人のためです。
  • この修正プログラムをインストールすると、依存元パーティ信頼のクレーム プロバイダーを提供する必要がありますを指定する依存元パーティ信頼作成中に、ClaimProviderNamesパラメーターを指定できます。
  • 依存元パーティ信頼を作成したら、 NULLフィルター処理されていないすべてのホーム領域の検出を提供するClaimProviderNamesパラメーターを設定できます。ClaimProviderNames 作成時にNULLを設定できません。作成後に実行する必要があります。
  • : クレーム対応していない依存元パーティ信頼を作成して、AD FS の管理コンソールを使用する場合ホーム領域の検出機能し、すべての使用の要求プロバイダー信頼を示しています。
解決方法
この問題を解決するには、修正プログラムをリリースしました。

注:
  • この修正プログラムをインストールした後: クレーム対応していない依存元パーティ信頼コマンドは、Active Directory を制限されても、Windows PowerShell によって作成される既定プロバイダーの信頼を要求します。互換性を維持するこの動作に依存する人のためです。
  • この修正プログラムをインストールした後、依存元のパーティ信頼のプロバイダーにクレームを指定する依存元パーティ信頼作成中に、 ClaimProviderNamesパラメーターが提供されるべきかを指定できます。

修正プログラムの情報

重要: この修正プログラムをインストール後に言語パックをインストールした場合この修正プログラムを再インストールする必要があります。したがって、お勧め任意の言語をインストールするこの修正プログラムをインストールする前に必要なパックです。詳細については、 Windows 言語パックを追加します。.

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムの適用する必要があります。 2014 年 4 月の更新プログラムのロールアップ Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 (2919355) Windows Server 2012 R2 にインストールされます。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2012 R2 のファイル情報とメモ

重要: Windows 8.1 修正プログラムおよび Windows Server 2012 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、"修正プログラムの要求" ページの修正プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。一方または両方のオペレーティング システムに適用するこの修正プログラム パッケージを要求するには、ページに「Windows 8.1/Windows Server 2012 R2"下に記載されている修正プログラムを選択します。各修正プログラムを適用する実際のオペレーティング システムを決定するために、資料にある [適用先] セクションを常に参照してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別でき、。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.3.960 0.17xxxWindows Server 2012 R2RTMGDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとには 個別に一覧表示 。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
すべてのサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Microsoft.identityserver.management.dll6.3.9600.17898352,7682015 年 6 月-04-22:27x86
Microsoft.identityserver.dll6.3.9600.17898653,3122015 年 6 月-04-22:27x86

追加ファイル情報

Windows Server 2012 R2 用の追加ファイル情報
すべてのサポートされている x 64 ベース バージョンの Windows Server 2012 R2 用の追加ファイル
ファイルのプロパティ
ファイル名Amd64_9030003dd0a6a465b0ba69377a73e087_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17898_none_2c44ef83539ea6a4.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ708
日付 (UTC)2015 年 6 月-06-
時刻 (UTC)20:09
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_a76fe17d482bba75c7e4945fdd815dd4_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17898_none_90da29f774d65ce3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ697
日付 (UTC)2015 年 6 月-06-
時刻 (UTC)20:09
プラットフォーム該当なし
ファイル名Msil_microsoft.identityserver.management_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17898_none_bfc1874f93bde31d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ3,343
日付 (UTC)2015-05-6 月
時刻 (UTC)07:56
プラットフォーム該当なし
ファイル名Msil_microsoft.identityserver_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17898_none_26b37e98766f4d96.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ3,299
日付 (UTC)2015-05-6 月
時刻 (UTC)07:56
プラットフォーム該当なし
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。

プロパティ

文書番号:3070080 - 最終更新日: 07/15/2015 17:45:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbautohotfix kbhotfixserver kbexpertiseinter kbmt KB3070080 KbMtja
フィードバック