イベント ID 1000 がログに記録され、RTCSrv.exe は、Lync Server 2013 の [リソース モニター ツールで選択すると、プロセスがクラッシュします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3070715
現象
選択すると、この問題が発生する、 RTCSrv.exe プロセスで、 大要 Microsoft Lync Server 2013 では、リソース モニター ツール] タブ。

この問題が発生した場合、プロセスの実行が停止します。さらに、イベント id 1000 がアプリケーション ログに記録されます。

ログ名: アプリケーション
ソース: アプリケーション エラー
日付: データ & 時間
イベント ID: 1000
タスクのカテゴリ: (100)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: コンピューター名
説明:
エラーが発生したアプリケーション名: RTCSrv.exe、バージョン。 X.X.XXXX.XXX、タイムスタンプ: 0x5236eca4
エラーが発生したモジュール名: WRTCES.dll、バージョン。 X.X.XXXX.XXX、タイムスタンプ: 0x540bc84b
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x000000000005ad3f
エラーが発生したプロセス id: XXXXXX
障害が発生してアプリケーションの開始時刻: 0x01d030bb448e5542
エラーが発生したアプリケーションのパス: C:\Program を Lync Server 2013\Server\Core\RTCSrv.exe
エラーが発生したモジュール パス: C:\PROGRA~1\MICROS~2\Server\Core\WRTCES.dll
レポート Id: チームの XXXX が XXXX-で入力して
エラーが発生したパッケージの完全名。
エラーが発生したパッケージ相対アプリケーション ID:
イベントの Xml:
<Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event"></Event>
<System></System>
<Provider name="Application Error"></Provider>
<EventID qualifiers="0">1000</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>100</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime=" systemtime=""></TimeCreated SystemTime=">& の日時" />
<EventRecordID>288986</EventRecordID>
<Channel>アプリケーション</Channel>
<Computer></Computer>コンピューター名
<Security></Security>

<EventData></EventData>
<Data>RTCSrv.exe</Data>
<Data></Data>X.X.XXXX.XXX
<Data>5236eca4</Data>
<Data>WRTCES.dll</Data>
<Data></Data>X.X.XXXX.XXX
<Data>540bc84b</Data>
<Data>c0000005</Data>
<Data>000000000005ad3f</Data>
<Data>4284</Data>
<Data>01d030bb448e5542</Data>
<Data>C:\Program を Lync Server 2013\Server\Core\RTCSrv.exe</Data>
<Data>C:\PROGRA~1\MICROS~2\Server\Core\WRTCES.dll</Data>
<Data></Data>チームの XXXX が XXXX-で入力して
<Data></Data>

<Data></Data>


原因
プロセスが選択されているときに使用する削除されたオブジェクトが参照されているために、この問題が発生します。
解決方法
この問題を解決するには、インストール、 2015年 7 月の累積的な更新プログラム 5.0.8308.920 Lync Server 2013 (フロント エンド サーバーとエッジ サーバー)。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3070715 - 最終更新日: 03/11/2016 06:20:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Lync Server 2013

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3070715 KbMtja
フィードバック