現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Skype ビジネス サーバー クリーンアップ ツールを使用してユーザーの移動後にユーザーのデータのクリーンアップします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3070789
現象
適用することによって、Microsoft の Skype サーバー 2015 のビジネス環境を展開することを前提としています 2015年 6 月の累積的な更新 6.0.9319.55 ビジネス サーバー 2015年または以降のバージョンの Skype ビジネス サーバー 2015年の Skype です。

環境にある他のプールに 1 つのプールからユーザーを移動する移動 CsUserコマンドレットを使用する場合、コマンドレットは先のプールや、ユーザーに移動した先のプールのペアのプールからユーザーの古いデータを削除しようとします。

注: <b>ユーザー データは先のプールでは、ユーザーをホストしていた場合は、先のプールまたは対になったプールの先のプールになっています。

ただし、一部のシナリオですべてのデータのクリーンアップが正常に完了または対になったプールの先のプールの先のプールで。など先のプールのフロント エンド サーバーをシャット ダウンするときに表示されたら、次のメッセージ。

移動 CsUser コマンドレットの実行時の警告メッセージ

警告: 移動に注意が必要な時に指摘されたいくつかの問題がありました。詳細これらの問題を解決する方法については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=544754 に移動します。可能性がありますこれらの手順を実行しない場合、一部のユーザーが将来的にデータを使えなきます。

と共に移動 CsUser コマンドレットを実行すると、警告メッセージ、「-力」パラメーター

警告: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=544754 での手順を実行します。可能性がありますこれらの手順を実行しない場合、一部のユーザーが将来的にデータを使えなきます。

さらに、次のイベントがイベント ログに記録されます。

このイベント ログ エントリは、ターゲット ・ プール内のユーザーをホストしているプライマリ フロント エンド サーバーからです。

Source: LS User ServicesDate: Date/TimeEvent ID: 32215Level: Warning Description: Failed to update user's pool information on at least one Front End in the pool or its backup pool during user move.User: <SIP address>Target Pool: <FQDN address>Target's Backup Pool: <FQDN address>Cause: This may indicate a problem with connectivity to some Front End servers.Resolution:Ensure all the Front End servers in the pool and its backup pool are running.
注: <b>概要移動 CsUserコマンドレットによって生成されるファイルは、 PostMoveCleanupRequired列が1である可能性があります。次のスクリーン ショットで示します。

p1
解決方法
クリーニングの残りのユーザー データをダウンロードする ビジネス サーバー 2015年の Skype、ポスト移動のクリーンアップ ツール、先のプールはプール対し、し、先のプール内のすべてのフロント エンド サーバーでツールを実行します。

注:
  • ツールを実行する場合する必要があります実行するすぐに管理者として、ユーザーの移動操作後に。ツールを実行する前に以前に移動したすべてのユーザー再度移動する必要があります。
  • ローカル データベースは、実行し、ツールに接続できるはずです。RtcSrv サービスがサーバー上で実行できます。ただし、必要はありません。

Skype をビジネス ユーザーのデータのクリーンアップ ツールを実行する方法

Skype ビジネス サーバー 2015 年移動後クリーンアップ ツールを実行するには、これらの手順に従います。
  1. ローカル データベースへのアクセスを持つアカウントを使用してフロント エンド サーバーにログオンします。

    注: <b>RtcUniversalServerAdminsグループのすべてのアカウントにアクセスする必要があります。
  2. 管理者特権でコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  3. 次のコマンドを使用して PostMoveCleanup.exe を実行します。
    PostMoveCleanup.exe -SummaryFile <Path of summary file> [-MachineFqdn <Fqdn of server>] [-LogFile <Path of log file>]
    注:
    • 移動 CsUserコマンドレットによって生成される概要のファイルをツールに指定あります。
    • -MachineFqdnパラメーターは、ローカル ・ データベースのクリーンアップ ツールに接続するサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指します。このパラメーターはオプションです。指定しない場合、ツールが実行されているローカル サーバーを指します。
    • -ログ ファイルパラメーター ファイルのパスを参照するツールはログをであります。ツールは、ファイルが存在する場合、ファイルにログが追加されます。このパラメーターはオプションです。指定しない場合、ツールは、新しいログ ファイルを作成します。
    • 移動 CsUserコマンドレットの複数の使用によって生成される同じフォルダーに複数のサマリー ファイルがある可能性があります。正しいサマリー ファイルが提供されることを確認します。移動 CsUserコマンドレットの出力の要約ファイルのパスを検索できます。

      など、この操作の結果は次のパス。

      C:\Users\administrator\AppData\Local\Temp\2\MoveResults-986d45c2-0035-485c-9cf7-f753380cf281.csv

クリーンアップ前後のレポート

ツールはユーザー データのクリーンアップの統計情報を出力します。統計データをクリーニングしてユーザー データのクリーンアップが成功、失敗する数のユーザー数を含めるまたは中断します。など次の統計情報を参照して可能性があります。

クリーンアップの概要を以下に示します。
必要なクリーンアップをユーザーの数: 10
クリーニングを正常にユーザーの数: 10
クリーニングに失敗したユーザーの数: 0
中止ユーザーの数: 0

ユーザー データのクリーンアップが中止されたかに失敗する場合は、フロント エンド サーバーの障害が発生するツールを再実行する必要があります。

注: <b>以前に使用されている同じサマリー ファイルを使用してツールを再実行する必要があります。

ツールより多くの情報を含むログ ファイルも生成します。

注: <b>
  • -ログ ファイルパラメーターが指定されて場合は、ログ ファイルの名前は、渡されるものと同じになります。
  • -ログ ファイルパラメーターが指定されていない、移動 CsUserコマンドレットは、ファイルが作成する一時フォルダーに。ファイル名は、PostMoveCleanup.exe ファイル名、サーバー名、および日付と時刻の値で構成されます。などファイル名のとおりです。

    D:\Users\administrator\AppData\Local\Temp\2\PostMoveCleanup_frontend_2015_5_20_17_13_14.log

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3070789 - 最終更新日: 07/06/2015 23:33:00 - リビジョン: 1.0

Skype for Business Server 2015

  • kbsurveynew kbfix atdownload kbexpertiseinter kbmt KB3070789 KbMtja
フィードバック