[MS15-068] Windows Hyper-V の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2015 年 7 月 14 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは Windows の脆弱性を解決します。これらの脆弱性により、Hyper-V によってホストされているゲスト仮想マシン上で認証された特権を持つユーザーが特別に細工されたアプリケーションを実行した場合に、ホストのコンテキストでリモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用するには、ゲスト仮想マシンに対する有効なログオン資格情報を持っている必要があります。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-068 を参照してください。
詳細
重要
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。
  • 3046359 [MS15-068] Windows Hyper-V のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 7 月 14 日)
  • 3046339 [MS15-068] Windows Hyper-V のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 7 月 14 日)
更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

注: Windows RT 8.1 用のこの更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-068 で搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2008 (x64 ベース):
Windows6.0-KB3046359-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3046359 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3046359-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3046359 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 8 および Windows 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3046339-x64.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3046359-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3046359 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3046339-x64.msu
すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3046359-x64.msu
すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3046339-x64.msu
すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3046359-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3046359 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

ファイル ハッシュ情報

File nameSHA1 hashSHA256 hash
Windows6.0-KB3046339-x64.msuBE0C3EBAA0E857DD74AD76F10045359221A2780B868D8D7D5DA0D8F93CFBCF3DB5F5A26C803085CBC4874FF1DA95D4265074CA7B
Windows6.1-KB3046339-x64.msu97A48BD2C7E72451B238AF1438D25AE2888220123F1C5F0B83011FA58B9DDCB8EBA0E05A74CA5EA29A2640A0C9D7C9E6CF69249C
Windows8.1-KB3046339-x64.msuB24B39E3D681358A888945686B0F6DBFCBB94E1EB2491F3C6689B9CC65602A0DF8C235E173D6A6D88088CAC492D45B348BE05DDB
Windows8.1-KB3046359-x64.msu55171DFE080DBA3F91414135D247AB151F42CB284AF3AE4D0C826BD633FF906CDCE873114FD48C7DFE8E87593489E35193245FF4
Windows8-RT-KB3046339-x64.msu1DB8F366F714295FE0823F8B610623EDDA815A8BB48934AD90D61480DD6C14ACAD9E0C0329B23DD288AD72E9226E9A83EC6CCB78

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3072000 - 最終更新日: 07/17/2015 14:09:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability kbsurveynew KB3072000
フィードバック