1.1 を Microsoft Dynamics CRM 2015年を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3072333
はじめに
Microsoft Dynamics CRM オンライン 2015年が使用できるは、1.1 を更新します。1.1 の更新プログラムは、オンプレミスのサーバーへのインストールします。ただし、Microsoft Office Outlook と Microsoft Dynamics CRM 2015 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM 2015年の上に更新 1.1 をインストールすることをお勧めします。1.1 の更新プログラムを実行されている場合、それらのコンポーネントは、Microsoft Dynamics CRM 2015年の以前のバージョンを実行している CRM 組織に接続できます。

この資料では、修正プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる更新プログラムについて説明します。

この更新プログラムでは、Microsoft Dynamics CRM の 2015 年までサポートされているすべての言語で使用できます。

重要: 次のサポートは、Microsoft Dynamics CRM オンライン 2015年の 1.1 を更新します。

  • Windows 10
  • マイクロソフトのエッジ
  • Office 2016
詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

更新プログラム パッケージビルド番号ファイル名 (32 ビット版)ファイル名 (64 ビット版)
Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 20157.1.1.3113CRM2015-クライアント-KB3072333-LangID-i386.exeCRM2015-クライアント-KB3072333-LangID-amd64.exe
2015 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM7.1.1.3113CRM2015-ルーター-KB3072333-LangID-i386.exeCRM2015-ルーター-KB3072333-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2015年の言語パック7.1.1.3113CRM2015-Mui-KB3072333-LangID-i386.exeCRM2015-Mui-KB3072333-LangID-amd64.exe

更新プログラムの情報

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Microsoft Dynamics CRM 2015年の 1.1 の更新プログラムで解決される問題

1.1 の更新プログラムには、次の問題が解決されます。
  • エジプトの夏時間を変更します。
  • 連合環境で統合認証では、Outlook クライアントの CRM を使用して障害が発生しました。
  • レコードの重複除外で 5,000 を超えるレコードの結果をエクスポートしています。
  • ワークフロー条件のステップの評価ユーザーの CultureInfo が null の場合に例外がスローされます。
  • キーが既に存在していますが、HKLM に対する書き込みアクセス権と米ドル クライアントのエラーが拒否されました。
  • 請求書フォームに追加の変更は一切していなくて、更新が発生する場合は、複数のワークフロー プロセスが作成されます。
  • 更新のステップのワークフローを実行している電子メールの Body\Description フィールドをクリアします。
  • 下書き状態のすべてのワークフロー プロセスを読み取ろうとするとき、PublishAll がタイムアウトしました。
  • 非同期ジョブを 1 つの組織から別の組織内のジョブがハングします。
  • 新しい代替キーを作成するには、属性として owneridtype が一覧表示されます。このエラーの結果でキーを作成しようとしています。
  • 大量のプログラムのロールアップ フィールドを更新するには、この RollupJobBase テーブルに多数のエントリが作成され、ハングする原因と、これらのジョブの処理を維持することができません。
  • MailboxTrackingFolders と競合するため、ソリューションのインポートに失敗した場合します。
  • SharePoint 2010 および Windows Server 2012 では、ドキュメント管理を構成できません。
  • 「CRM は、Excel ファイルを生成しようとするとエラーが発生しました」Excel にエクスポートするとき
  • 前後に移動する場合に、グリッドが表示されていない SharePoint と CRM の統合を使用して List コンポーネントで、[ドキュメント] フォルダーを作成した後、
  • CRM 2015 投稿 7.1、右側で、オーバーフローしたときに、スクロール バーを表示するために使用するナビゲーション バーの項目へのアップグレード後にスクロールすることが不要になった。
  • サブグリッドにフォームが正常に動作しないクイック ビューの配置
  • アイテムが追跡され、既定以外の Outlook ストアに存在するときに Outlook を起動すると、エラーが発生します。
  • Outlook クライアントでオフラインのままにするを選択すると、Outlook クライアントが引き続きオンライン 15 分ごとに移動しようとしています。
  • CRM Outlook クライアントの資格情報がキャッシュされている場合、ネットワーク パスワードの変更後の作業を停止します。
  • 電子メールには、[cc] 行で、未解決のパーティ メンバーが含まれている、ユーザーは、[全員へ返信] ボタンをクリックすることができません。
  • 形式の言語コードとユーザー インターフェイスの言語コードが一致しない場合、データのインポートで無効な引数のエラー
  • お客様が、次エラー メッセージ: sdk メッセージの Id を取得するアクションを含むソリューションをインポートするとき = の [GUID] は存在しません
  • Main.aspx のクエリ文字列にパラメーターを追加すると、ナビゲーション バーが読み込まれない

2015 の Microsoft Dynamics CRM の更新 1.1 をインストールした後に、マイクロソフトのエッジを使用して発生する可能性のある既知の問題

  • リンクは、新しいダイアログが開いたら、ことはできませんフォーカスがあります。
  • SSRS レポートは正しくレンダリングされません。
  • オーバー ラップに複数行のテキストが表示されます。
  • コピー、およびマウスを使用して貼り付け、特定のフィールドに動作しません。
  • カスタム オプション値は、選択基準] フィールドを使用できます。
  • フォントは日本語の言語を使用して正しく表示されません。

Microsoft Dynamics CRM 2015年の 1.1 の更新プログラムのファイルの情報

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3072333 - 最終更新日: 04/21/2016 17:34:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Dynamics CRM 2015

  • kbqfe kbsurveynew kbmbsmigrate kbexpertiseadvanced kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbmt KB3072333 KbMtja
フィードバック