"Authorization_RequestDenied.Azure の PowerShell コマンドレットを実行すると、操作を完了するのには特権がありません"エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3072417
現象
Azure の PowerShell コマンドレットを実行すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

Get AzureADUser: {"odata.error":{"code":"Authorization_RequestDenied","message":{"lang":"en","value":"Insufficient"の特権操作を完了します}}}。
原因
Azure の PowerShell コマンドレットの実行に使用されているユーザー アカウントに適切な管理者の役割があるないために、この問題が発生します。
解決方法
この問題を解決するには、次の方法のいずれかの手順に従います。
  • PowerShell の実行ユーザー accountthat を使用してコマンドレットは、適切な管理者ロールを持ちます。
  • 適切な管理者ロールに、問題のユーザー アカウントを昇格します。

たとえばコマンドレットを実行するために、Azure Active Directory のグローバル管理者ロールにする必要があります。

プロパティ

文書番号:3072417 - 最終更新日: 08/14/2015 05:57:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Azure Active Directory, Microsoft Azure Cloud Services

  • kbprb kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB3072417 KbMtja
フィードバック