[MS15-066] VBScript の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2015 年 7 月 14 日)

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Windows の VBScript スクリプト エンジンに存在する脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Web サイトにアクセスすると、リモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性が悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。現在のユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしているときに、攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、影響を受けるコンピューターが完全に制御される可能性があります。攻撃者は、その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除などを行ったり、完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成したりする可能性があります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-066 を参照してください。
詳細
重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。
  • 3068364 [MS15-066] VBScript 5.8 スクリプト エンジン用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 7 月 14 日)
  • 3068368 [MS15-066] VBScript 5.7 スクリプト エンジン用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 7 月 14 日)
  • 3068404 [MS15-066] VBScript 5.6 スクリプト エンジン用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 7 月 14 日)
更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

搭載されている Windows のバージョンに対応するマイクロソフト セキュリティ情報 MS15-066 のダウンロード リンクをクリックします。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Server 2003 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Server 2003 上の VBScript 5.6:
WindowsServer2003-KB3068404-x86-JPN.exe
すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.6:
WindowsServer2003-KB3068404-x64-JPN.exe
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.6:
WindowsServer2003-KB3068404-ia64-JPN.exe
すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Server 2003 上の VBScript 5.7:
WindowsServer2003-KB3068368-x86-JPN.exe
すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.7:
WindowsServer2003-KB3068368-x64-JPN.exe
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.7:
WindowsServer2003-KB3068368-ia64-JPN.exe
インストール スイッチサポート技術情報 262841 を参照してください。
更新ログ ファイルすべてのサポートされている 32 ビット版、x64-based エディションおよび Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.6:
KB3068404.log
すべてのサポートされている 32 ビット版、x64-based エディションおよび Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.7:
KB3068368.log
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
削除に関する情報すべてのサポートされている 32 ビット版、x64-based エディションおよび Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.6:
コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用するか、%Windir%\$NTUninstallKB3068404$\Spuninst フォルダーにある Spuninst.exe ユーティリティを使用します。
すべてのサポートされている 32 ビット版、x64-based エディションおよび Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.7:
[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除]または %Windir%\$NTUninstallKB3068368$\Spuninst フォルダーの Spuninst.exe ユーティリティを使用します。
ファイルに関する情報セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、関連するサポート技術情報を参照してください。
レジストリ キーの確認すべてのサポートされている 32 ビット版、x64-based エディションおよび Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.6:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Windows Server 2003\SP3\KB3068404\Filelist
すべてのサポートされている 32 ビット版、x64-based エディションおよび Itanium-based エディションの Windows Server 2003 上の VBScript 5.7:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Windows Server 2003\SP3\KB3068368\Filelist

Windows Vista (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Vista 上の VBScript 5.7:
Windows6.0-KB3068368-x86.msu
すべてのサポートされている x64 ベース版の Windows Vista 上の VBScript 5.7:
Windows6.0-KB3068368-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、関連するサポート技術情報を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Server 2008 上の VBScript 5.7:
Windows6.0-KB3068368-x86.msu
すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 上の VBScript 5.7:
Windows6.0-KB3068368-x64.msu
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows Server 2008 上の VBScript 5.7:
Windows6.0-KB3068368-ia64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、関連するサポート技術情報を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2 (限定) の Server Core インストール上の VBScript 5.8:
Windows6.1-KB3068364-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、関連するサポート技術情報を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

ファイル ハッシュ情報

File nameSHA1 hashSHA256 hash
Windows6.0-KB3068368-ia64.msuBEDAB5A675F07E529B68411FA3A25F501D6407390F70C879C8987D2BD7208187155A82C3F068FCBD6B778E5E63BBE875A75D39D4
Windows6.0-KB3068368-x64.msu789BBCA725E435C12E181490BD86C9D6838526991F6C3FF569BBA08D3735F3CA3ABE2A121A78C27221037E0A39DD69EACF9B5242
Windows6.0-KB3068368-x86.msuDA4B0DA9DEFC96729FF9770094DABD254CD2AD506987D8686EF66F7BF912057E27B06119380CD7EECC4A5C42D8C42360A8E6138A
Windows6.1-KB3068364-x64.msu1F263D3A429F0FD696A0EC1AFE79E635CFDD449E0B3BE4B72868078929D3E68EFA2504408B27E7E37843946A86E26593896F83F0
WindowsServer2003-KB3068368-ia64-DEU.exe442ECF3D9D89BE4CF56516777EA4C4796D0A7D0FCEF70BDF33B009B4ACFC014F3C45BA7DB0CF359766F3646863F4252CB4211802
WindowsServer2003-KB3068368-ia64-ENU.exe14E9048B725E9C1CFD79C7AD362500BA4FEC4B368F847E2870FC3266ABCFAAE1641DEA0850AFB5B810A5EB6D8587237B87B3EC39
WindowsServer2003-KB3068368-ia64-FRA.exeD24EAF247A3D203AE44F4E3DF1A634F64A748CB1D75E14778E26A28D67DD8F1650FB26E4826D61B582ADA08151BE0158C6C18346
WindowsServer2003-KB3068368-ia64-JPN.exeDC67A526DAE179CCC56B53ACFF19B57CCACB9D549937DB0FEEFB6A68C3489C32820A6C8422AD4AA268FD3FDA5088E5FACCF66CAA
WindowsServer2003-KB3068368-x64-CHS.exeCF45ECC83E0552739803C43C62203B6124B668E77F25A0A5E0E95B9FB45EB1121FEEA7D2E6793EC7DFF029BED322D507E1E397B7
WindowsServer2003-KB3068368-x64-CHT.exe3BFC0B8879810A1DB6CA5A39092066BE35A27C9B713E4FCD890E7DDA5DB51899E084AE6CAC8D332F7D29F16473F63292B14F2162
WindowsServer2003-KB3068368-x64-DEU.exe8C3B92213308A416F2A37313E7876E5A6AF18DB8A5ACD61388F960A7C85E652E97C58212DE2505F529BF7934E4CFB34AD55DC016
WindowsServer2003-KB3068368-x64-ENU.exe375851F9176B248CE63ECD67F658D031318CBB6D1DB637185E84F82532B7DD79DC19F0BBFD73F3CA2F25B56F22BCBBBC58627A22
WindowsServer2003-KB3068368-x64-ESN.exeA2BA8BD722E6D5762CD814AFE158E14FA9224BD3EFA250807EE16CD6EB8A59693FE3320DAA1666981EEA66F2701150EC9078A2E8
WindowsServer2003-KB3068368-x64-FRA.exe5FC838D793352ED6C78EE20C80330861D3BBCDA5C27BDD019B66F2D7A4A41A34412B56B941F13EAAFADAE07E562AD9451006B993
WindowsServer2003-KB3068368-x64-ITA.exe6AFBB5F4CA7D2004F4195DCFE2B5B7CC31047A773A4236D10FDB80E30DDBBF8A20C6D1232217C16C3E96AC0DBF34C431FBF45FA3
WindowsServer2003-KB3068368-x64-JPN.exe20D178D2DCEB391A69165F87FD15218A5D97D47226190755690711489864E80671E03B64DFD8566E6FD63F86A3BBBC103BBD144A
WindowsServer2003-KB3068368-x64-KOR.exe877A37B8907DDBB10DA98320D6EE1BFD15316E835C4C9DF9D56AAC9BD0858CE93ADF821837C8A21F0E16FF33214BE6B352740827
WindowsServer2003-KB3068368-x64-PTB.exe5C0DF5124F52041CD9EF18CB3985B21AC0275BC6C01108C93E75A53B34CE5C1498EFAB1C9891888295EF4EBEBCCB72F0A7EF6333
WindowsServer2003-KB3068368-x64-RUS.exe69022C62EE757B09A69C8D105D446D17BF30213028964FB83CAB48D471F69A9CB84BBB793194A9251A74934E069E3E3EFD132713
WindowsServer2003-KB3068368-x86-CHS.exe01D0FF82D6F0AED426302954D7BD28C5032429C190B8F804AAB2896960FF7B053E8FED0C7DC4793EF0870343852F13A3857FDCB5
WindowsServer2003-KB3068368-x86-CHT.exe8D4E6B1F38B069FB4CE7E7255686066F39E2F1F573F0EE21EF513F860CC5C5448C36A036A8BFF2782E1A8FB2EB404882C9AC0B02
WindowsServer2003-KB3068368-x86-CSY.exe1A1F56579689389C82F1EEEE40CC6A51C178E6EF3F07BC8B089E20C5EC7F655B100244D1DA8DAEC7FA1F2E6FE475A1390DBBB1F9
WindowsServer2003-KB3068368-x86-DEU.exeAB2365C66F54ADEF53E9F01A54BE94420B91450903D8D63AF994ABE6B1DE00C6C43450D6D87AF92C17D9F188C1A2A9BEB172C253
WindowsServer2003-KB3068368-x86-ENU.exeEFFF7AB15FF3C8CBFD299F5D6C32D647A37F60C5FD7B1E7D94003F9822AAFED185E64E341D3E3A841C1CF961A5774BD8ABDC0D93
WindowsServer2003-KB3068368-x86-ESN.exeCA86274692684F7F8B957022FEF6009893E2BFFD6F4BE5F7B47CD66E7EF57FB58FBA92882619F89E7330357197837C4782517CDE
WindowsServer2003-KB3068368-x86-FRA.exe7C8F29B71987CF17D1201060161360287E9D6F57ED6E0AF3D239CCA77353E42648368DECFBEB11B0C911793008897B0625BF868F
WindowsServer2003-KB3068368-x86-HUN.exeD92F84371E2C7FFFE71FD5D1ADB024095CBEC81313167F7061A29EFE67595D48E05512B3ADAEEA59AAC3D3E73D0BBE09AFBB63D3
WindowsServer2003-KB3068368-x86-ITA.exeA0830FF0D8ABB5B6FF9838622DE3B14C869BCF61EB5DBF028FCE05C9D56183E08DC5916EB2E21BE426CF2E4AC94F98AE7BCB0EA9
WindowsServer2003-KB3068368-x86-JPN.exe9B05B42DAC70EBBF571C1AF0114BB511C2D773EF133C06880689750F79E48C69E54381AED64C3ECC6E183F64BA7CE9E9F8B120C5
WindowsServer2003-KB3068368-x86-KOR.exe3F5AA9CAF9560F61184A472555E0AC5F055E9FD4D28F17CA39AC37237E129E0C43E14AA1F78E7F91343991D3C41F49F3D433EFEE
WindowsServer2003-KB3068368-x86-NLD.exeB0E5D6D0FDBF7B26D82DF784C35FAD13E342F8B3FDE46468B1E6AC9EA5B1FC2893C266F8D504DCFAE3EBB4E0DEB6D84374EE7780
WindowsServer2003-KB3068368-x86-PLK.exe688CC5A0CBE381A704105681D11296B4BF4E236D56149F71371512A5A2B1BEAA34A401DAA596898DC717C796560214B50FC6FD4D
WindowsServer2003-KB3068368-x86-PTB.exeCC6A12778BD35FA3572F3E3E320A89840144C9CD033DE1207A10CD747812F75930F2060A0377BCEA0E3841CD1A970187176551D6
WindowsServer2003-KB3068368-x86-PTG.exe967B816CC1A793B57F2ADECA78F894ABD0EFDA64656936340079B5B498604A48D78F37212ADCA3214DF21E443BC08B46A63CC7C1
WindowsServer2003-KB3068368-x86-RUS.exe2ADE4A9CE386FEA1397375D4301E02B56B2C863C4F68B0A2C621ED59A8E2FA8B8816D830DA8DC65292C4C1FEBAC09BFC21C18006
WindowsServer2003-KB3068368-x86-SVE.exeA8675CD2E30B24CAAAFB2226A322EC9EA2974C622B6D794C329CC292D8FD1A0563061B880BEBE7E7B7BC20BF83415F352C374245
WindowsServer2003-KB3068368-x86-TRK.exeBBAB80CB616E659D733DED994DEE6778A4AD43F255D881160D124B2FE36599A320F508BD99D844FEB81F39D0C6F50408BEC6ED40
WindowsServer2003-KB3068404-ia64-DEU.exe60DBEAF07233E694611009957F23F8DB5E87D77F7EF7B95CA6F71A2705455B6853CA9E8D88956124205B048EC53CFFD3F033EFB5
WindowsServer2003-KB3068404-ia64-ENU.exeE4661822F2C4DF68573C415F384AF6395F61126867E83BC0AB7D992EC409FB1079CA643214921B264EDAA2BF0D5DDBA405F8CDFF
WindowsServer2003-KB3068404-ia64-FRA.exe6929114F2B49F63D9AE81C0E506641B5047DB8371C120B2543B9EE032CD0921A1AC916215E767B7FBFECF162AF4E82D753762F8D
WindowsServer2003-KB3068404-ia64-JPN.exe178382A05A0317E48C688BC2E8B48BEE529B2D9E2CFB4CB82D1CD50E09568CFEA863C55993E435CFF11695C0EC4238D6F4B474CE
WindowsServer2003-KB3068404-x64-CHS.exe25AEA4AC9307A2BBACE300C58350396957777A1754A938D9B5D83DE480EEEFF9BA9C924661D6ECA761BF3B53CAE1F0C8F2CF02C5
WindowsServer2003-KB3068404-x64-CHT.exe118E22F4F9178C317D0696162314ECEF39F0353AC465AED728237E11215183BA83EDC192F0CB78D3CA4650285CC4E19A4E5C4744
WindowsServer2003-KB3068404-x64-DEU.exe53E38D9A15A17FE20226B70EBED3288759F5D6D1F65452C1565B921F2809975A7A63E08E8D74020690BC537BC4A4B781E606FB7E
WindowsServer2003-KB3068404-x64-ENU.exeCE47BFE3C8110DE02D4090697D56165B862BFCEC9A09120CE5C69B47CB3E7A957BD45B204AFF86EB399E9375CEA649CB25AE7348
WindowsServer2003-KB3068404-x64-ESN.exe8EE0D0295235BA3676F9390AB3E294F9C5635A330602527D2D976F8862A47D3E7FCF82B5CB8D9B149B6C795475F5506307429612
WindowsServer2003-KB3068404-x64-FRA.exe21CF2A6EE4AD90AB9197389F2DE614464B8E554D14048342B2DFA55688ED6433CE5DC4149786CD132FEEAF3B41DC1218616AFF38
WindowsServer2003-KB3068404-x64-ITA.exe816844CEE763FFB9BCE95107989E9D28CEE78C906910ED1D5C05199DAAA9E5E47C1B03DA0A4AC1A79E7F7A0F3664AB406EA2DAD3
WindowsServer2003-KB3068404-x64-JPN.exe32AF99EE912EA2C22E1CB5D809A2B3E38D723F8C8DC212B72AB7826D5E88B2D1C9BB1FF2647E5C86B510DB6E334C4E60754D6755
WindowsServer2003-KB3068404-x64-KOR.exe0A044C041CFBBFAB2C04C1241E262F8E495AEB6C4E5E19637A0A7772CFF2EFBFD622983683AC091795BC5C97B06781829F0744D2
WindowsServer2003-KB3068404-x64-PTB.exeB7973D7865D0903232AAD09C3DC74AC6CDC766C025FB4B598465B0EFBB6D602162680C7ACFD0F33B267485374A10DCD713731696
WindowsServer2003-KB3068404-x64-RUS.exeE29F470D5DDEB247C60AF165343A8B123C6A89E2DDA7F030240ED42BDBCFE16F661B5A8795A01A80AA5F4DC47D33F671FFEAE389
WindowsServer2003-KB3068404-x86-CHS.exe0A2D2D5EA4A5F378D3EF2496D03E19CC423F0A03A25234F6C88C79F38CB53F167026534B831B941F4234A381D677D2F6101F40AB
WindowsServer2003-KB3068404-x86-CHT.exeF623FC4E709CFD9B56349DD223DA75C2348F370051CCC95AD8731EC56D74488C77AF6F91C379FF0D9447F28FB8F4C88651F9DA9C
WindowsServer2003-KB3068404-x86-CSY.exe7F5DAB5A5BF738E313D16DE414D13152F6CF9FFFA76D6FEF9F39BB9EB078F6C2D67F6A659B627506574E5A5E65CCF05586C00336
WindowsServer2003-KB3068404-x86-DEU.exe5AB8C7810FF4CFF7A7F11BA8ADDCC27ABDD01EA8D107E19B82FEBE846187FE747C6288E63F3A5085DD21B1D5389DCC6D76ED3036
WindowsServer2003-KB3068404-x86-ENU.exe166055E49A8355B81E309FCCE96EF13BF80B5CF622496B63B13566B45E2EEEABD78F434190BBF175A21889844DCEF91BD79AF3B7
WindowsServer2003-KB3068404-x86-ESN.exeF62CF1569A031FFD53AE7F7FD828D1E5B8944A3B6B4CEC6F524338D9CF2A1EFC384CABD3C1FF15908A36D9F613B12F7532312669
WindowsServer2003-KB3068404-x86-FRA.exe0EC2405C43B20249E9F03FFE611A2C798FFED0936060E9989A0CB3703DD4892F172C2D69643213BF34C90CFCFA81AAEF96E949DC
WindowsServer2003-KB3068404-x86-HUN.exeA45C498247E6FAB9B9FB0424069C17837E7E0412A3B2AF723552F79E848F4EF3E557D75B9B03400F77D6B5FCFDD433812F641AFC
WindowsServer2003-KB3068404-x86-ITA.exe9AC2E8592F3D700C67D63C9C2A9EE0BE47980F29C9CE475E1674A9B9B81E961E141D5CC2934FA15F88CCF9B9B799CC620B6484DE
WindowsServer2003-KB3068404-x86-JPN.exeE32A2D39CB3A63469940E125F0E1DE4C774F42B191707068363A74EEA02FE794F8375AE2579365E6E534E6C960F4F5602A8365FC
WindowsServer2003-KB3068404-x86-KOR.exe057D9B60E69AC44675038006032B997D326D995D18BB6BA52845DA4C9F3E3474AD4230090B01CCD1C510E6DAECACCDF73937029B
WindowsServer2003-KB3068404-x86-NLD.exe8C61979E9F201C6E3447C6A4468515E7067BF8B71CDA3AE85FFE8ECFBFC34DD4DA9456E80AAA5D517CFB8AB788350F6C4C6B882A
WindowsServer2003-KB3068404-x86-PLK.exe003022B94D13A104A7161F5BDA94CF2D55DD933F3CE6550D1AB340B61D045AC6EA02E66AFE31A1D36D1A1E2D7D644700D1F8C691
WindowsServer2003-KB3068404-x86-PTB.exeCECBDF44631CE8CB512F3362A086909ABE69AFC577A26C2D725A0200CBD0352773C18C33BD5A3362FF115F8700A5F19EF505C419
WindowsServer2003-KB3068404-x86-PTG.exe8352AE508D55D8F4258023A587C8DD6175B866DA1CABA167559C047A762461998A41E152F8B361868AC23628C9FB1582950D8A1A
WindowsServer2003-KB3068404-x86-RUS.exeBD7C19E80734BB1A69BA3B6F399AAB7E56CC82C89E107B0887DEE8E272E20662A59426E311070140F6929CEF24D17E71C3DEE0FC
WindowsServer2003-KB3068404-x86-SVE.exe3A9BDBEE7184CE6E49E390638D8CBD9A9513B63D9F7A5178B9D6BE781D1BF02183AD1CE4F5BF3AA659BDA995FED765D70A34EE4D
WindowsServer2003-KB3068404-x86-TRK.exe5D2FDEA2B2B0C876792BED191250A853599F9B26999AE642D069AA92981D33AC5328391640CCDB88FE313CCC278F9C3ACC5579FD

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムをインストールするためのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナルのためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3072604 - 最終更新日: 07/17/2015 14:10:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3072604
フィードバック