[MS15-075]OLE の脆弱性により、特権が昇格される (2015 年 7 月 14 日)

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Windows の脆弱性を解決します。これらの脆弱性を、Internet Explorer を介して任意のコードを実行できるようにする別の脆弱性と一緒に使用した場合、特権が昇格される可能性があります。この別の脆弱性が悪用されると、攻撃者は、このセキュリティ情報で対処する脆弱性を悪用して、任意のコードを整合性レベル「中」で実行する可能性があります。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-075 を参照してください。
詳細
重要
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update で利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新をオンにする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

注: Windows RT 用と Windows RT 8.1 用のこの更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-075 で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Server 2003 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2003 (32 ビット):
WindowsServer2003-KB3072633-x86-JPY.exe
サポートされているすべての Windows Server 2003 (x64 ベース):
WindowsServer2003-KB3072633-x64-JPN.exe
サポートされているすべての Windows Server 2003 (Itanium ベース):
WindowsServer2003-KB3072633-ia64-JPN.exe
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
更新ログ ファイルKB3072633.log
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用するか、%Windir%\$NTUninstallKB3072633$\Spuninst フォルダーの Spuninst.exe ユーティリティを使用します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Windows Server 2003\SP3\KB3072633\Filelist

Windows Vista (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Vista:
Windows6.0-KB3072633-x86.msu
すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB3072633-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。Windows Update の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。
置き換えに関する情報 このセキュリティ更新プログラムを適用すると、以下の修正プログラムが置き換えられます。
2545479 COM+ ベースの、シングル スレッドとして登録されているアプリケーションを実行すると、メモリ リークが発生し、クライアント要求の処理に非常に長い時間がかかる可能性があります。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2008 (32 ビット):
Windows6.0-KB3072633-x86.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (x64 ベース):
Windows6.0-KB3072633-x64.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (Itanium ベース):
Windows6.0-KB3072633-ia64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。Windows Update の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。
置き換えに関する情報 このセキュリティ更新プログラムを適用すると、以下の修正プログラムが置き換えられます。
2545479 COM+ ベースの、シングル スレッドとして登録されているアプリケーションを実行すると、メモリ リークが発生し、クライアント要求の処理に非常に長い時間がかかる可能性があります。

Windows 7 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (32 ビット版):
Windows6.1-KB3072633-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3072633-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。
置き換えに関する情報 このセキュリティ更新プログラムを適用すると、以下の修正プログラムが置き換えられます。
2545479 COM+ ベースの、シングル スレッドとして登録されているアプリケーションを実行すると、メモリ リークが発生し、クライアント要求の処理に非常に長い時間がかかる可能性があります。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3072633-x64.msu
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3072633-ia64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。
置き換えに関する情報 このセキュリティ更新プログラムを適用すると、以下の修正プログラムが置き換えられます。
2545479 COM+ ベースの、シングル スレッドとして登録されているアプリケーションを実行すると、メモリ リークが発生し、クライアント要求の処理に非常に長い時間がかかる可能性があります。

Windows 8 および Windows 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (32 ビット版):
Windows8-RT-KB3072633-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (x64 ベース):
Windows8-RT-KB3072633-x64.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (32 ビット版):
Windows8.1-KB3072633-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3072633-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3072633-x64.msu
すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3072633-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows RT および Windows RT 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
企業環境でのこれらの更新プログラムは Windows Update でのみ入手できます。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。

ファイル ハッシュ情報

File nameSHA1 hashSHA256 hash
Windows6.1-KB3072633-ia64.msuF623C6DF56E8E3206E963D5B13A8BA48CF030E59D3EE5B9CA838F6FE3C1D8225D4E8149F56A2DB3B071ADA2B528B49AA727B1052
Windows6.1-KB3072633-x64.msu1BBEC5F5DC46C284E56A761279CA42E6F0D47B6D81DDD6679208F4B1DBDFBAAD745010E22BB91F3CD4A6DE2AB1991691A75AC644
Windows6.1-KB3072633-x86.msuE801860FADD98003C0D7EFB17168549BC26CA0B85B363588A290ADC166E0FA5BF81CF47A497F144AFA25DADF7996197D673B6CE6
Windows6.0-KB3072633-ia64.msuAD5E8FD444F6E590A0ED6D2AE8CE9574430313583D8D7BA3F2555AF86612E4C2BEAAAE32CDE388B6A3113D749DA427E7FBB87050
Windows6.0-KB3072633-ia64.msuE2DFAD6567A8318B9F2865EAAC947FBA8DC55C31640CA23158A5ADEFA959A77CC86F794627E258DAC49450008387A1B3FF6A2EE4
Windows6.0-KB3072633-x64.msuA4B7CF726C5471B38D254D1B933905D4B8364F46DB229CA8EFFBE5EB9373164ED0F407F8A6E278769906FDD41B82374ACC0B7764
Windows6.0-KB3072633-x64.msuA7B0D999D53B9C30D8EA65FC5200FCEC42CD30F44B011D355DC71763E9BFD6C970F7ACEA0BA3679D6E7E621516E49D65038A556F
Windows6.0-KB3072633-x86.msu35EC26B703208A34AEBB291E7C283360AFEF857524C090EF8BA60AFEC4BFBEC40C6C716BE847631262E5477EE6AB19FF23582BD4
Windows6.0-KB3072633-x86.msu591BB6BE5680B31FF48846C447F7EC437CC160F2536BB963E3350C358E2BBCEE8C700BBD6750F4ACBF8A364A751AD05D0691E3C4
Windows8.1-KB3072633-arm.msuF71DFEE152DBE8D1F441C34D7FB3655EAC445101012838C3BFF086B924BF9C709F9E0B708F5B259426C96CFA2FBD5696C6CF5106
Windows8.1-KB3072633-x64.msu2E3C1314DA5EAA9D31F06ABEF928E5E97EA33A735AE5D76559791031D503B43F03BA8F9ED29DBF9FB86E6C87EC0BB284F1C24D70
Windows8.1-KB3072633-x86.msu8C90E7612825BF5C14C4CC2B56D25533076B6F234284A7BC223B7B43ACCA9336B5CE7F28A1D7FB78D933B816FFB49B5E20B02EDF
Windows8-RT-KB3072633-arm.msu4363B16D3974A5DC4B45D07A64DFCFEF402F8BCA861D83F053C4E49517BB5782F1E05D706B0F05BDF7EF25EDFFC35E6FB8DE7179
Windows8-RT-KB3072633-x64.msuE20E1656EE7D45D4F6C6E7261565AEB76C115E48F41E853281EDA2CAE58C6D1F0F7B14E1C20519E4E2E893AE62866AFE25FBE99E
Windows8-RT-KB3072633-x86.msu6B35D8614663A9098FA4D1AA8BE85DFED22A111E7C035A07BED3CBA924AD9BC56BB47569FBB47C25A8A2836C0DDCC36B3F6CD141
WindowsServer2003-KB3072633-ia64-DEU.exe95EC879B239C73D8A49425229CE4E1FF2DB7452D0B031321571220E0357F4E5C9C0812AA7A6380C7155DB554D7653726DAF6C696
WindowsServer2003-KB3072633-ia64-ENU.exe184FF99230614DB939C6118D3DA64509FA9FD831BFE8AB44A0A44A333D6C5F107F0DA60099C34C9E74832B3B165C4E68ADF4D57C
WindowsServer2003-KB3072633-ia64-FRA.exe27ABA7C36E4AF2083EB6244C39606A869B69806C8425E1DEAF8BCC6BA9B4360BDA55CDC79361B6650F1C526D3F94C5876889082C
WindowsServer2003-KB3072633-ia64-JPN.exeF77F3D9E4F0C458B487A3F6537CCF3A51E71DF44F241759C0F0BC14B6608FF5A86E840F0091A9FEF58D4E70D01366850C2FB0C26
WindowsServer2003-KB3072633-x64-CHS.exe91F402F0A847FA19CE22A64953B5CD4B36B62A8F2F8697E2E1DC0DC527F591AE6D8993565F92AC76C21CEA9DEC3E2F06A5386D0A
WindowsServer2003-KB3072633-x64-CHT.exe988CD2D6A8DE8863AD812D9EC0E281A35A502F14EBEB0D4E661179F585A9167BCFEF531033BF4B61A96BC338A31E346CF29362F1
WindowsServer2003-KB3072633-x64-DEU.exeC4569EDD04CDE1EDEE81291DA04343615F924487846E58D8237FE0347DD1EC50863BBD8AF96FF9F7878DD40F8CBB3387F1AEAF7A
WindowsServer2003-KB3072633-x64-ENU.exeE3BEE4EA9CAB584B77067F26E4AEED54284363271E0D4065F34BEBD5BDE679779EC7472CD7E0A285BC7209A50AAE744D4849CBDF
WindowsServer2003-KB3072633-x64-ESN.exe137FC970BAFB5EF9063608BDB5457050C7153557A55E633DE1AD38F05967C41A23ADF36355218AA6D513FE493395AB36BF4C5129
WindowsServer2003-KB3072633-x64-FRA.exe9CB5EA6161544FC8A47B54867C8955D9540DD1765D48E60F8E4C0066D2A9EFF61A622E856A0AD265D7FD427EC32AC81E8BBAE43A
WindowsServer2003-KB3072633-x64-ITA.exeBD8F0FB49DFB51AEAE07D43F5702DA7760D3C66A8EC6776A8B8131561DE0AD4AA59B46591A82F3DA38B094EA5F74B4E78C2C4F1D
WindowsServer2003-KB3072633-x64-JPN.exe6D7AE2DA3F2B76DE36B097BB29402F2D4B8F00A590490589EE4A1B8967B8D662FEC1B6214C9CE7BD4CB012831E07B0AC10100137
WindowsServer2003-KB3072633-x64-KOR.exe98F6F36C43BFD91FBBA0CFD8E52B7A76C79916C53BEC1D385C4DC2E4E6C35C99AC703FB8A9BFB5C83A7D6647FCAB55038D0F4194
WindowsServer2003-KB3072633-x64-PTB.exe9F13C71EDAF9A51704D1A379BD3AC35022BE33D295D28BCD4C05B1F013D608B2D4765F99C6BAD5E4DAD24580B58F9AD4F5B8929B
WindowsServer2003-KB3072633-x64-RUS.exeA1083EA71AF08801DF36BFA672FE7200DA3B32DA09EB721B6590C08F8C3FFABA653A2FC8179CEA4DBEF4D6993C0BFEFD72D9FCAB
WindowsServer2003-KB3072633-x86-CHS.exe7A779C5142B436343AC285CF018EC8E3F6504A2D6C71797D785EB96E90B50B68A198EE2A775BCC049DC7F79629F0BCA24E940173
WindowsServer2003-KB3072633-x86-CHT.exe364DCB855FFCAF2520D7177E6A8C7A79496855E8140CE6D9E7B4684009C4DA4E738D8BE4F5228803FA437FF2E5F5E966F21CF29D
WindowsServer2003-KB3072633-x86-CSY.exeFA5CEF79D19934B04DB2AA726562699C7EBC203F3B24FA3AB2354F9554C9D201615F7DFCEEB719DC187B70A20E2D4B7A717DF36D
WindowsServer2003-KB3072633-x86-DEU.exeA0375D797D79E2727C1A9E3EBB38EC158C3346260E5C6B2DA0305EFBAFEF12C4AAB1BFBBAC0C897CDFFBAC5CAFB6C69F96E4DAAB
WindowsServer2003-KB3072633-x86-ENU.exeD85FF98CC1D9CC78A4FDDE77821BB254E157E2573CFC66CACD42B4A60941A62D44972F20DEAD739170FEB2CC43B761EC5F240283
WindowsServer2003-KB3072633-x86-ESN.exeB6D7B305C287223CE0D5179B8D8C4C143722F329171907D37CE474EACB1B96C354ACEBC5E3E0312472A691F6F5E8CE403F32BA88
WindowsServer2003-KB3072633-x86-FRA.exe092301444A0587132C3866C8A06CACE33286A06CD8B0A53549F5078365B57ADADE1E7B1589C8E192FE500FC0E1F623F35C401CEF
WindowsServer2003-KB3072633-x86-HUN.exeCF555E9701560685C351796AF651E8C217043C6CA6E12B304C92D13355AE0C77CF14CEC596098E8363B94044FC1F487EBDAA7C8A
WindowsServer2003-KB3072633-x86-ITA.exe198074BE19B7C2911808CA845F8954F3EB59FDED00AE47ABF349B848E145C19E2911DF3A9ADCAA4BB1572E547A38D551A2BDE3B8
WindowsServer2003-KB3072633-x86-JPN.exe457536E41F8801C5B1F8F6D5DC446FC4C142FD6F91F1330CF081AB3E88EA720B2622CE0001534922E46BDCCBD731175E250BB6DE
WindowsServer2003-KB3072633-x86-KOR.exe8C1E845FDE776EF3727497C4B302240DA881D6B8955FD329ACFBD1DE5F0F496663D11C2518C5E2A0425FF163792A20458023CD3E
WindowsServer2003-KB3072633-x86-NLD.exeB1F3392AA6BC0AD2F2D1F24DCEB1F8B7102F85508EF35C00625076A6E71D5297D1A90B71A1192CD42B293BFBB2EFDF0C059B80A7
WindowsServer2003-KB3072633-x86-PLK.exe032B08525602C2CE72C4DCC082870CC2F256B0CDB34B1A0B46CEA3874132589AB2BA49929E9C3040D2C2DEFDF3AA4BBAE1647CCE
WindowsServer2003-KB3072633-x86-PTB.exe05A29361847AF39E64870649F8C8C0B04383F09A3DBAC090E8BD54E17FD3F7EF558A48D5E8810D9A58DB325BBBC11BD3C8743946
WindowsServer2003-KB3072633-x86-PTG.exeB7588E54F430BBDCCA4A7ED8F629D1E580B912B44B433D82B8B98242FAB5AFB022B099874898790A86189C23CD289C8A6BCD0225
WindowsServer2003-KB3072633-x86-RUS.exe3C49BBDD251E87A2E37C18C3297183739FE80749AFAB9D51354A45EEAA9C798B3C7F268FBDC7FAE7F0E306DBFABD35671BD04730
WindowsServer2003-KB3072633-x86-SVE.exe8A463F1086B719F29AD029A40ACB221B418F697DBDADE10135B1E4D3A4828373697279E5AD00E242C21F5A804888F9E1884EDEFB
WindowsServer2003-KB3072633-x86-TRK.exe86B8236753F9381BF6A7DC1B9924FF2E698BA77ECAEA3539BB1E5C58A9AA2933C6F372588B12DA67D2780F4CDDE1A5485CABA569

ファイルに関する情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2003 のファイル情報

  • 特定のマイルストーン (SPn) および区分 (QFE、GDR) に適用されるファイルは、"SP 要件" および "区分" 列に記載されています。
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。QFE 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • このセキュリティ更新プログラムでは、これらの表に記載されているファイルの他に、マイクロソフトのデジタル署名を使用して署名された関連セキュリティ カタログ ファイル (文書番号.cat) もインストールされます。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformSP requirementService branch
Ole32.dll5.2.3790.56632,630,14418-Jun-201507:05x64SP2SP2QFE
Wole32.dll5.2.3790.56631,270,78418-Jun-201507:05x86SP2SP2QFE\WOW

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Ole32.dll5.2.3790.56631,270,78418-Jun-201506:58x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 (IA-64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformSP requirementService branch
Ole32.dll5.2.3790.56634,105,21618-Jun-201507:06IA-64SP2SP2QFE
Wole32.dll5.2.3790.56631,270,78418-Jun-201507:06x86SP2SP2QFE\WOW

Windows Vista および Windows Server 2008 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.0.6002.18xxxWindows Vista SP2 および Windows Server 2008 SP2SP2GDR
    6.0.6002.23xxxWindows Vista SP2 および Windows Server 2008 SP2SP2LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.0.6002.194351,316,86403-Jul-201516:04x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.19435_NONE_ADE8A173EF8B8DE0
Ole32.dll6.0.6002.237431,316,86404-Jul-201515:30x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.23743_NONE_AE65718B08B3113B

サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.0.6002.194351,916,41603-Jul-201515:41x64AMD64_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.19435_NONE_0A073CF7A7E8FF16
Ole32.dll6.0.6002.237431,916,41604-Jul-201515:23x64AMD64_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.23743_NONE_0A840D0EC1108271
Ole32.dll6.0.6002.194351,316,86403-Jul-201516:04x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.19435_NONE_ADE8A173EF8B8DE0
Ole32.dll6.0.6002.237431,316,86404-Jul-201515:30x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.23743_NONE_AE65718B08B3113B

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 (IA-64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.0.6002.194354,183,04003-Jul-201515:23IA-64IA64_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.19435_NONE_ADEA4569EF8996DC
Ole32.dll6.0.6002.237434,183,04004-Jul-201515:01IA-64IA64_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.23743_NONE_AE67158108B11A37
Ole32.dll6.0.6002.194351,316,86403-Jul-201516:04x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.19435_NONE_ADE8A173EF8B8DE0
Ole32.dll6.0.6002.237431,316,86404-Jul-201515:30x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.0.6002.23743_NONE_AE65718B08B3113B

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.7601.18xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1GDR
    6.1.7601.22xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.1.7601.189151,414,65604-Jul-201517:48x86X86
Ole32.dll6.1.7601.231181,414,65604-Jul-201517:48x86X86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.1.7601.189152,087,42404-Jul-201518:07x64AMD64
Ole32.dll6.1.7601.231182,086,91204-Jul-201518:14x64AMD64
Ole32.dll6.1.7601.189151,414,65604-Jul-201517:48x86X86
Ole32.dll6.1.7601.231181,414,65604-Jul-201517:48x86X86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.1.7601.189154,938,24004-Jul-201517:16IA-64IA64
Ole32.dll6.1.7601.231184,938,75204-Jul-201517:20IA-64IA64
Ole32.dll6.1.7601.189151,414,65604-Jul-201517:48x86X86
Ole32.dll6.1.7601.231181,414,65604-Jul-201517:48x86X86

Windows 8 および Windows Server 2012 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.2.920 0.16xxxWindows 8 および Windows Server 2012RTMGDR
    6.2.920 0.20xxxWindows 8 および Windows Server 2012RTMLDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.2.9200.174141,150,26417-Jun-201514:13x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.2.9200.17414_NONE_A9144DCEC37F7876
Ole32.dll6.2.9200.215241,150,77617-Jun-201513:41x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.2.9200.21524_NONE_A9931AADDCA53431

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8 および Windows Server 2012 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.2.9200.174141,567,56017-Jun-201513:44x64AMD64_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.2.9200.17414_NONE_0532E9527BDCE9AC
Ole32.dll6.2.9200.215241,567,56017-Jun-201516:14x64AMD64_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.2.9200.21524_NONE_05B1B6319502A567
Ole32.dll6.2.9200.174141,150,26417-Jun-201514:13x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.2.9200.17414_NONE_A9144DCEC37F7876
Ole32.dll6.2.9200.215241,150,77617-Jun-201513:41x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.2.9200.21524_NONE_A9931AADDCA53431

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.3.920 0.16xxxWindows 8.1 および Windows Server 2012 R2RTMGDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Ole32.dll6.3.9600.179051,212,24816-Jun-201505:36x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatformService branch
Ole32.dll6.3.9600.179051,661,57616-Jun-201505:36x64AMD64_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.3.9600.17905_NONE_9D337BACC606A952
Ole32.dll6.3.9600.179051,212,24816-Jun-201505:36x86X86_MICROSOFT-WINDOWS-COM-BASE-QFE-OLE32_31BF3856AD364E35_6.3.9600.17905_NONE_4114E0290DA9381C

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3072633 - 最終更新日: 08/17/2015 11:59:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows RT, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3072633
フィードバック