Office 365 に移行後、Outlook が接続されないまたは web サービスが動作しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3073002
現象
メールボックスを Office 365 に移行すると後、次の問題が発生する可能性があります。
  • Outlook は、Exchange Server に接続できません。
  • Office のうち、会議の可用性、メール ヒント、オンライン ・ アーカイブ、自動検出に依存する他の web サービス機能などの機能を使用することはできません。
  • Outlook を開いたときに、次のエラー メッセージが表示されます。

    Outlook がログオンできません。ネットワークに接続し、適切なサーバーとメールボックス名を使用していることを確認します。プロファイルに Microsoft Exchange インフォメーション サービスには、必要な情報が不足しています。正しい Microsoft Exchange インフォメーション サービスを使用していることを確認するのには、プロファイルを変更します。

原因
移行前の自動検出サーバーの名前が、レジストリの Outlook プロファイルにキャッシュされると、この問題が発生します。
解決方法
この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1:最後の既知の適切な自動検出 URL を使用してから outlook を使用して ExcludeLastKnownGoodUrl

次のレジストリ サブキーのいずれかを次のように構成します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Autodiscover
DWORD: ExcludeLastKnownGoodUrl
値: 1

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Autodiscover
DWORD: ExcludeLastKnownGoodUrl
値: 1

x.0Office (バージョンを表すプレース ホルダー16.0= Office 2016、15.0Office 2013 を =)。

注: 1、Outlook にExcludeLastKnownGoodUrl値を設定するときは使用して最後の既知の自動検出 URL を使用します。


方法 2:新しい Outlook プロファイルの作成
  1. Outlook を終了します。
  2. コントロール パネルで、クリックするか、メールをダブルクリックします。

    注: <b>メールアイテムを検索するのにはコントロール パネルを開き、メールウィンドウの上部にある [検索] ボックスに入力します。Windows XP でコントロール パネルの [メールアドレス] ボックスで入力します。

  3. [プロファイルの表示] をクリックします。
  4. [追加] をクリックします。
  5. プロファイルの名前を入力し、[ OK] をクリックします。
  6. 電子メール アカウントを追加するのにはアカウントの追加ウィザードに従います。終了したら、[完了] をクリックします。
  7. [メール] で、常にこのプロファイルを使用するが選択されているかどうかを確認し、一覧から、新しいプロファイル名を選択します。

    Outlook メールの新しいプロファイル

  8. [OK] をクリックします。
詳細
場合は、Outlook は、前回正常動作中の自動検出 URL を使用するかどうか、コントロールをグループ ポリシーを使用ことができます。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. 次のマイクロソフト web サイトから Office のバージョンに適した Office グループ ポリシー テンプレートをダウンロードします。

    Office 2016 年。 Office 2016 の管理用テンプレート ファイル (ADMX と ADML)、Office カスタマイズ ツール
    Office 2013: Office 2013 の管理用テンプレート ファイル (ADMX と ADML)、Office カスタマイズ ツール

  2. Outlk を追加します。##.admx および Outlk##.adml ファイルは、ドメイン コント ローラー。

    注: <b> 管理用テンプレート ファイルを読み込むには、ファイルをダウンロードし、次の指示で「ADMX テンプレートの読み込み」 グループ ポリシーを使用して、Office 2010 の設定を適用するのには.この資料では、Office 2010 を対象、管理用テンプレートの情報は Office の新しいバージョンにも適用されます。

    注: <b>## プレース ホルダーは、Office (バージョンを表します。16= Office 2016、15 Office 2013 を =)。
  3. [ユーザーの構成管理用テンプレートを展開のバージョンのMicrosoft Outlookを展開し、アカウントの設定] を展開し、[ Exchange
  4. Exchangeでは、下を見つけて、自動検出を無効にする設定をダブルクリックします。

    Outlook 2016 のスクリーン ショット:

    Outlook 2016 の自動検出のグループ ポリシー オブジェクトを無効にします。


    Outlook 2013 のスクリーン ショット:

    グループ ポリシー設定の自動検出を無効にします。

  5. [有効] を選択し、次に、オプション ウィンドウで、最後の既知の適切な URL を除外するを選択します。

    グループ ポリシー設定の自動検出を無効にします。

  6. [OK] をクリックします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3073002 - 最終更新日: 05/02/2016 19:47:00 - リビジョン: 4.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3073002 KbMtja
フィードバック