復元ポイントで暗号化されたコンテンツがある場合、エラー コード 0x8007045b でシステムの復元が失敗可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3074925
現象
次のような状況を考えます。
  • Windows 8.1 または Windows 8 のメール アプリケーションを使用しています。
  • メール アプリケーションを使用して Microsoft Exchange または Microsoft Office 365 のメール サーバーに接続するには。(これを行うを受け入れる必要が「自分の PC をより安全に」"セキュリティ ポリシー メール サーバーからに適用されている)
  • 次のいずれかの手順を実行します。
    • いくつかの復元ポイントを作成するのにには、Windows でシステムの復元プログラムを使用します。
    • システムによって自動的に作成された復元ポイントを使用しようとするとします。
  • 強制セキュリティに同意した後、復元ポイントの 1 つにシステムを復元しようとするとします。
このシナリオでは、システムの復元が失敗してシステムが再起動された後、次のようなエラー メッセージが表示します。

システムの復元が正常に完了しませんでした。コンピューターのシステム ファイルと設定は変更されませんでした。

詳細:

システムの復元は、ファイルを抽出できませんでした。

C:\Users\ユーザー名> \AppData\Local\Packages\microsoft.windowscommunicationsapps_8wekyb3d8bbwe\.

復元ポイントです。

システムの復元中に予期しないエラーが発生しました。(0x8007045b)
原因
この問題は、システムの復元プログラムの既知の問題が発生したために発生します。

Exchange または Office 365 サーバーに接続し、「自分の PC をより安全に」セキュリティ ポリシーをそのまま使用するには、メール アプリケーションを構成した後は、暗号化ファイル システム (EFS) を使用してユーザー プロファイルの一部のファイルが暗号化されます。それらのファイルは、復元ポイントを作成するのにはシステムの復元を使用する場合の復元ポイントに含まれます。システムを復元するシステムの復元プログラムを起動するときはシステムの復元実際の復元処理のためにシャット ダウン タスクを作成します。このタスクの実行中は、ほとんどのシステム サービスが既に停止しています。これには、EFS が含まれます。

ただし、復元ポイントで、任意のファイルを EFS で暗号化されているが、システムの復元プログラムが復元ポイントからこの種類のファイルを抽出するのには、EFS サービスへのコールする必要があります。EFS サービスは既に停止してシステムの中のために再起動することはできませんが、シャット ダウンして、復元プロセスが失敗エラー コード 0x8007045b。このコードでは、ERROR_SHUTDOWN_IN_PROGRESS を意味します。
回避策
この問題を回避するのには以下の手順を Windows RE では、再起動して、システムの復元プログラムを実行します。
  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開くし、次のコマンドを実行します。
    reagentc/boottore


    注: <b>このコマンドを返す場合、「Windows RE 無効になっている」それをインストールして、再度実行するには、次のコマンドを実行して、エラー。
    reagentc/enable
  2. コンピューターを再起動します。Windows RE 環境にコンピューターが再起動されます。
  3. Windows RE で、トラブルシューティング] をクリックして、[詳細オプション] をクリックして、システムの復元] をクリックし、しシステムの復元プログラムを起動するのには、プロンプトに従います。EFS は、Windows RE で、常に実行している、システムの復元、Windows RE で復元作業を実行するのにはシャット ダウン タスクを作成するがあるないため、この問題は Windows RE では発生しません。
REAgentCのコマンドの詳細については、次のマイクロソフト TechNet の記事を参照してください。
詳細

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3074925 - 最終更新日: 12/04/2015 01:07:00 - リビジョン: 2.0

Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro

  • kbmt KB3074925 KbMtja
フィードバック