修正: SQL Server を再起動すると、DBCC によって作成される一時ファイルは削除されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3075468
現象
DBCCコマンドが実行されたときに、Microsoft SQL Server が実行されていないと仮定します。SQL Server を再起動すると、期待どおりには、DBCC によって作成される一時ファイルは削除されません。
原因
この問題は、 DBCC CHECKDBコマンドは、ファイル ハンドルを閉じることができます前に、Windows が再起動された場合に発生します。このような場合は、オペレーティング ・ システムは、DBCC CHECKDB で作成された一時ファイルをクリーンアップできず、これらのファイルは、領域を占有するように続行します。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題を修正します。 累積的な更新 4 2014年サービスの SQL Server の 1 にパックします。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3075468 - 最終更新日: 12/22/2015 03:35:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3075468 KbMtja
フィードバック