[OL2002] Schedule+ 7.5 リソースを直接予約するときにフィールドが切り捨てられる

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307592
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Outlook 2002 でリソースを直接予約し、Microsoft Schedule+ 7.5 でそのリソースを表示すると、[件名] と [場所] の両方のフィールドが最初の文字まで切り捨てられます。
原因
この問題は、Outlook 2002 が [件名] と [場所] の両方のフィールド文字列を Unicode で格納するために発生します。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Office XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
307841 OFFXP: How to Obtain the Latest Office XP Service Pack
修正プログラムをインストールした後、ファイルの属性が次のように変更されます。ただし、これより属性が新しい可能性もあります。
   日付      時刻    バージョン        サイズ     ファイル名   --------------------------------------------------------   30-Aug-2001 02:38  10.0.3228.0   342,336  Exsec32.dll   09-Jul-2001 01:56                  3,584  Olk2002.mst   13-Sep-2001 01:11  10.0.3311.0 6,302,024  Outllib.dll   13-Sep-2001 01:11  10.0.3311.0    47,432  Outlook.exe   13-Sep-2001 01:11  10.0.3311.0   117,064  Outlph.dll   16-Jun-2001 18:05  10.0.3012.0   133,448  Rm.dll

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Microsoft Office XP Service Pack 1 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 307592 (最終更新日 2001-12-12) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:307592 - 最終更新日: 02/12/2014 22:07:35 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbofficexppresp1fix kbofficexpsp1fix KB307592
フィードバック