現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SharePoint 2013: は既定以外のゾーンの URL を電子的証拠開示センターからサイトに保留リストを適用することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3076998
現象
電子的証拠開示のセンターでは、次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1

既定の領域 URL の検索クロールが実行されると、既定のゾーンではなく拡張ゾーンから送信された URL を検索します。ただしは URL、検索条件に一致するクロール ログに記録します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

サイトが見つかりません

シナリオ 2

電子的証拠開示のサイトからドキュメントのエクスポートは失敗します。

シナリオ 3

コンプライアンス マネージャーは、拡張領域の URL を使用して、ドキュメントを電子的証拠開示のセンターでの保留中に設定してみる。ただし、次のエラー メッセージが表示されます。

サイトが見つかりません。
原因
電子情報開示センターでは、検索センターなどの既定値以外のゾーンから検索要求が発行されたときに、代替 Url を参照しませんので、この現象が発生します。
回避策
この現象を回避するには、SSL の URL に電子的証拠開示の保留を配置します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 環境内の負荷分散装置がある場合は、ロード バランサーで SSL ターミネーションが (SSL オフロード) を使用して既定のゾーンを構成します。
  2. ゾーンの既定以外のポート 8080 にサイトを拡張します。
  3. ポート 8080 でサイトをクロールするクローラーを構成します。
  4. 追加サーバー名マッピングのポート 8080 の検索サービス アプリケーションでは、ポート 443 にします。
  5. サイトをクロールします。
  6. 電子的証拠開示の保留を SSL URL を追加します。
状況
この動作は仕様です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3076998 - 最終更新日: 07/30/2015 22:11:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SharePoint Server 2013

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3076998 KbMtja
フィードバック