現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows のポリシーを編集するときに"'Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider' は既に定義されているエラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3077013
現象
次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1
  • 次のオペレーティング システムのいずれかを実行しているドメイン コント ローラーがあります。
    • Windows サーバー 2008
    • Windows Server 2008 R2
    • Windows Server 2012
    • Windows Server 2012 R2
  • コンピューター上のグループ ポリシーの管理用テンプレート ファイル (.admx ファイル) の中央のストアを作成します。詳細については、Windows Vista でグループ ポリシーの管理用テンプレート ファイルの中央ストアを作成する方法.
  • Windows 10 ベースのコンピューターをドメインに参加させます。
  • Windows 10 ベースのコンピューターでは、%systemroot%\PolicyDefinitions ディレクトリの下のファイルをコピーし、ADMX セントラル ストアに貼り付けて、すべての既存の *.admx および *.adml ファイルを上書きします。次に、グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) のポリシーを編集するを開きます。
  • [コンピューターの構成] または [ユーザーの構成ポリシー] ノードをクリックします。
シナリオ 2
  • Windows 10 RTM (10240 のビルド) を実行しているコンピューターがあります。
  • 10 1511 (ビルド 10586) のバージョンの Windows コンピューターをアップグレードするとします。

これらのシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

管理用テンプレート

ダイアログ メッセージ テキスト
ストア内の別のファイルのターゲット名前空間として 'Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider' の名前空間が既に定義されています。

ファイル
\\<forest.root></forest.root>\SysVol\<forest.root></forest.root>\Policies\PolicyDefinitions\Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx、行 5 列 110

forest.root> のプレース ホルダーは、ドメイン名を表します。

たとえば、エラー メッセージのように次のスクリーン ショットします。

エラー メッセージ


Windows 7 または Windows 8.1 Windows 10 バージョン 1511年 (スキップ Windows 10 RTM) からアップグレードする場合は、この問題が発生しない場合があります。
原因
としてマイクロソフトの Windows-地理-WLPAdm.admx Windows 10 の rtm 版で、LocationProviderADM.admx ファイルの名前が変更されたために、この問題が発生します。

シナリオ 1

.Admx ファイルを Windows 10 から Windows の以前のリリースからの LocationProviderADM.ADMX ファイルが含まれている中央のストアにコピーした後は、同じ設定が含まれているが、別の名前がある 2 つの .admx ファイルがあります。これは、「名前空間が既に定義されている」エラーをトリガーします。

シナリオ 2

Windows 10 RTM から 10 1511年のバージョンの Windows にアップグレードすると、新しい LocationProviderAdm.admx ファイルは以前の Microsoft Windows の地理位置情報 WLPAdm.admx ファイルのまま、フォルダーにコピーします。したがって、ある 2 つの ADMX ファイルそのアドレスは、同じポリシーの名前空間です。

回避策

方法 1

エラー メッセージを無視するのには[ok]をクリックします。エラー メッセージは情報メッセージ、およびグループ ポリシー設定が期待どおりに動作します。

方法 2

LocationProviderADM.admx および LocationProviderADM.adml ファイルを削除し、Microsoft Windows の地理位置情報 WLPAdm.admx および Microsoft Windows の地理位置情報 WLPAdm.adml を正しい名前に変更します。

シナリオ 1
  1. 中央ストアから、LocationProviderADM.admx と LocationProviderADM.adml ファイルを削除します。
  2. Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx の名前を LocationProviderADM.admx に変更します。
  3. Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.adml の名前を LocationProviderADM.adml に変更します。
シナリオ 2

  • Microsoft Windows の地理位置情報 WLPAdm.admx のファイルをローカル ストアから削除します。ローカル ポリシー ストアへのパスは、C:\Windows\PolicyDefinitions です。

<b>ADMX および ADML ファイルは、システムで保護されました。名前変更またはこれらのファイルを削除、ファイルに NTFS アクセス許可を追加する必要があります。これを行うには、次のコマンドを使用します。
  1. 管理者特権のコマンド プロンプトでを開き、takeown.exe を使用して、ローカル管理者に所有権を付与します。

    takeown/F"C:\Windows\PolicyDefinitions\Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx"/A
    takeown/F"C:\Windows\PolicyDefinitions\en-US\Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.adml"/A
  2. 両方のファイルにフル コントロール アクセス許可を管理者に付与します。
  3. ファイル拡張子が .old のファイルの両方の名前を変更し、GPEDIT を開くと、不要になった地理位置情報のポップアップが表示されます。MSC。
詳細
10 LocationProviderADM.admx の前の Windows ファイルの内容は、Microsoft Windows の地理位置情報 WLPAdm.admx Windows 10 ファイルの相違点の 1 つの行のみがあります。

以前 10 LocationProviderADM.admx ファイルで、"<supportedOn>"次のように lineappears:</supportedOn>
<supportedOn ref="windows:SUPPORTED_Windows8"/>
Windows 10 LocationProviderADM.admx で、"<supportedOn>"の行が次のように表示されます:</supportedOn>
<supportedOn ref="windows:SUPPORTED_Windows8_Or_Windows_6_3_Only"/>
このエラーは、[コンピューターの構成] または [ユーザーの構成ポリシー] ノードをクリックしたときに発生します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3077013 - 最終更新日: 07/03/2016 15:10:00 - リビジョン: 5.0

Windows 10, Windows 10 Version 1511, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Foundation

  • kbmt KB3077013 KbMtja
フィードバック