SideBySide イベント ID 35 がアプリケーション ログに記録は、64 ビット Windows オペレーティング システムでビジネス用の Skype を起動すると

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3077028
現象
Skype ビジネス (以前の Microsoft Lync 2013) の 64 ビット Windows オペレーティング システムの起動時に、次のエラーがアプリケーション ログに記録されます。
ログ名: アプリケーション
ソース: SideBySide
イベント ID: 35
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
説明:
"C:\program ファイル (x86) \microsoft office\Office15\lync.exe.Manifest"のアクティブ化コンテキストの生成に失敗しました。マニフェストまたはポリシーのエラーは、"c:\program ファイル (x86) \microsoft office\Office15\UccApi.DLL"を 1 行目のファイルです。マニフェストで検出されたコンポーネントの id では、要求されたコンポーネントの id が一致しません。参照は、UccApi、processorArchitecture ="AMD64"、タイプ ="win32"、バージョン =「15.0.0.0」です。定義は、UccApi、processorArchitecture ="x86"、タイプ ="win32"、バージョン =「15.0.0.0」です。詳細な診断のための sxstrace.exe を使用してください。
イベント>

原因
64 ビット Windows オペレーティング システムでは、Lync.exe のアプリケーション マニフェストにエントリを誤ると発生プロセス空間に読み込まれる Wlmfds.dll の 64 ビット バージョンを要求します。ただし、Wlmfds.dll の 32 ビット バージョンのみが存在します。そのため、「現象」に記載されているエラーが発生します。
解決方法
このエラー ログは無視してかまいません。このエラー ログは、Skype for Business がクラッシュする原因ではありません。サイド バイ サイド (SxS) DLL ローダーは、Wlmfds.dll の 32 ビット バージョンを正しく読み込みます。ログに記録されるイベントには、ビジネスの Skype の機能や安定性の問題は行われません。

詳細
Skype のビジネスのクラッシュの問題をトラブルシューティングするには、Windows のクリーン ブートを実行します。.これにより、ソフトウェアの競合によってクラッシュの問題の原因かどうかを排除できます。

同様の問題は、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報について説明します。
976229SideBySide イベント ID 35 は 64 ビット Windows オペレーティング システム上の Windows Live ムービー メーカーを起動すると、アプリケーション ログに記録します。
lync では、skype のビジネス、イベント ID 35

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3077028 - 最終更新日: 07/03/2016 15:10:00 - リビジョン: 3.0

Skype for Business, Microsoft Lync 2013, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Starter, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10

  • kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB3077028 KbMtja
フィードバック