マルチホーム環境で自身の IP アドレスの逆引き参照を行うと、ホスト名の解決に時間がかかる

現象
以下のようなシナリオを想定します。

1. Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターがあります。
2. コンピューターでは、複数のネットワーク カードを持っています。
3. コンピューターでは、スマート マルチホーム名前解決機能が有効です。

このとき、自身の IP アドレスから自身のホスト名の解決に時間がかかることがあります。
たとえば、tracert コマンド、gethostbyaddr 関数や getnameinfo 関数を使用して逆引き参照をすると、応答が得られるまでに時間がかかることがあります。


原因
スマート マルチホーム名前解決機能が有効な場合、自身の IP アドレスでも外部コンピューターの逆引き参照と同様に、DNS、LLMNR や NetBIOS over TCP/IP を使用して解決が行われる場合があります。
そのため、DNS 逆引き参照ゾーンが存在しない環境等では、解決に時間がかかることがあります。


解決方法
回避策
以下のいずれかの方法を実行すると、現象を回避できます。

方法 1. スマート マルチホーム名前解決の機能を無効化する。
スマート マルチホーム名前解決の機能の無効化方法:
  1. Windows ロゴ キー を押しながら R キーを押します。[ファイル名を指定して実行] に "gpedit.msc" と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[ネットワーク]、[DNS クライアント]  の順に展開します。
  3. [スマートマルチホーム名前解決をオフにする] をダブルクリックし、[有効] をマークします。
  4. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

方法 2. hosts ファイルに自身のホストの IP アドレス情報を登録する。

方法 3. DNS サーバー上に逆引きゾーンを作成し、該当ホストの PTR レコードを登録する。

 
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3077436 - 最終更新日: 09/29/2016 12:47:00 - リビジョン: 6.0

Windows 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Standard

  • KB3077436
フィードバック