Visio 2013 で塗りつぶしパターンを使用した図形をサイズ変更すると Visio が "応答なし" の状態になる場合がある

現象
Microsoft Visio 2013 で、図面に塗りつぶしパターンを使用した図形を配置後にサイズ変更を行うと Visio 自体が "応答なし" の状態になる場合があります。
Visio 2010 以前のバージョンではこの現象は発生しません。
回避策
図形のサイズや塗りつぶしパターンの設定に依存して待機時間は異なりますが、しばらく待機することで、Visio の操作が可能となります。

注 : "応答なし" の状態にある Visio を強制終了しますと未保存の編集中の内容が失われます。

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
問題の再現手順

以下は、問題が発生する手順の一例です。
  1. Visio 2013 を起動し、空白の図面を [メートル単位] で作成します。
  2. [デザイン] – [サイズ] より [その他のページ サイズ]を選択します。
  3. [ページ設定] ダイアログにて、[図面縮尺] タブより [既定の縮尺] を選択し、[メートル法] および [1 : 1000] を設定し閉じます。
  4. [ホーム] – [ツール] より [四角形] シェイプを選択し配置します。
  5. [図形] 内で [その他の図形] より [Visio エキストラ] - [カスタム パターン - 縮尺なし] を選択します。
  6. 4. で配置した [四角形] シェイプを選択し、[ホーム] – [図形のスタイル] より [塗りつぶし] – [塗りつぶしのオプション] を選択し、[図形の書式設定]を表示します。
  7. [塗りつぶし (パターン)] を選択し、[パターン] より [Dots] を選択します。
  8. [四角形] シェイプのサイズを変更します。

結果
Visio が応答しなくなります。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3077769 - 最終更新日: 09/29/2016 12:29:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Visio Standard 2013, Microsoft Visio Professional 2013

  • kbtshoot kbbug kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced KB3077769
フィードバック