現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP のセットアップ プログラムを MS-DOS から開始する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307848
この資料では、Windows XP セットアップ プログラムをコマンド プロンプトから開始する方法について説明します。
詳細

セットアップ プログラム実行の準備

Windows XP をインストールする前に、次の準備を行います。
  1. コンピュータのハードウェアが Windows XP と互換性があることを確認します。互換性に関する最新の情報を確認し、一覧にあるハードウェア用のドライバをダウンロードしてインストールするには、次に示す Microsoft Windows Hardware Quality Labs の Web サイトにアクセスしてください。Windows XP オペレーティング システムのシステム要件の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    314865 Windows XP オペレーティング システムのシステム要件
  2. Windows XP の CD-ROM で以下のドキュメントを参照します (Drive は、Windows XP の CD-ROM が挿入されているドライブを示します)。これらのドキュメントには、インストールの準備に役立つ情報が含まれています。
    • Drive:\Docs\Read1st.txt : マニュアルや CD-ROM 上の他の .txt ファイルに含まれていない、重要な最新情報が含まれています。
    • Drive:\Docs\RelNotes.htm : Windows XP リリース ノートが含まれています。
    • Drive:\Readme.htm : Windows XP のマニュアルの補足となる、最新の情報やその他の情報が含まれています。
  3. ハード ディスク上にパーティションを作成して、それを FAT または FAT32 のいずれかのファイル システムでフォーマットします。パーティションの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    255867 Fdisk および Format ツールを使ったハードディスクにおけるパーティションの作成/再作成方法
    : Windows XP のセットアップ プログラムには、インストール ファイルをコピーするために、383 MB 以上の空きディスク容量が必要です。

Windows XP セットアップ プログラムをコマンド プロンプトから開始する

Windows XP をコマンド プロンプトから開始するには、次の手順を実行します。
  1. Windows XP の CD-ROM を CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに挿入します。
  2. CD-ROM をサポートするコマンド プロンプトでコンピュータを起動します。使用しているコンピュータに MS-DOS がインストールされていない場合、またはブート メニューでコマンド プロンプトでの起動を選択できない場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
    187632 FAT32 に対応した Windows 98 起動ディスクの作成方法
  3. SMARTDrive が起動していない場合は起動します。これを行うには、Smartdrv.exe ファイルが含まれているフォルダに移動し、smartdrv と入力して、Enter キーを押します。SMARTDrive を使用しない場合は、Windows XP セットアップのハード ディスクにファイルをコピーする部分で、動作が遅くなる場合があります。
  4. コマンド プロンプトで drive: と入力し、Enter キーを押します (drive は Windows XP の CD-ROM が挿入されているドライブ名です)。
  5. cd i386 と入力し、Enter キーを押します。
  6. winnt と入力して、Enter キーを押します。Windows XP のセットアップ プログラムが起動します。
  7. Windows XP インストール ファイルのパスを入力して、Enter キーを押します。たとえば、d:\i386 と入力します。

    Windows セットアップ プログラムにより、ファイルがハード ディスクにコピーされます。ファイルがコピーされると、以下のメッセージが表示されます。
    セットアップ プログラムの MS-DOS 実行部は完了しました。
    コンピュータを再起動します。コンピュータの再起動後、
    Windows XP セットアップを続行します。

    ドライブ A: にフロッピー ディスクが挿入されている場合は、取り出してください。

    準備ができたら、Enter キーを押してください。
  8. コンピュータからフロッピー ディスクを取り出し、Enter キーを押します。コンピュータが再起動し、Windows XP のセットアップ プログラムが再開されます。Enter キーを押して続行します。
  9. 手順に従って、Windows XP のインストール先となるパーティションを選択し、フォーマットします。使用しているハード ディスクに含まれているパーティションが 1 つのみの場合は、既存のパーティションのリストから削除しないでください。Windows XP セットアップ プログラムにより、このパーティションにインストール ファイルがコピーされています。

    FAT32 フォーマットのパーティションは、後で NTFS ファイル システムに変換することができます。

    セットアップにより、Windows XP セットアップ プログラムに必要なファイルがコピーされ、コンピュータが再起動します。NTFS ファイル システムを使用してドライブをフォーマットするように選択している場合は、Windows によってドライブのエラー チェックが行われ、その後、Windows が再起動します。Windows XP セットアップが、グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) モードで再開されます。
  10. Windows セットアップ ウィザードの手順に従って Windows XP のインストールを完了します。
kbsetup setup set up cmd exe
プロパティ

文書番号:307848 - 最終更新日: 03/01/2006 07:48:06 - リビジョン: 5.2

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • kbhowtomaster KB307848
フィードバック