Exchange Server 2010 Service Pack 3 用の更新プログラムのロールアップ 11

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3078674

Microsoft Exchange Server 2010年サービス パック 3 (SP3) 用の更新プログラムのロールアップ 11 は、2015 年 9 月 15 日にリリースされました。この更新プログラムのロールアップを修正します。 さまざまな問題.この更新プログラムをインストールする前に行う必要があります。 Exchange Server 2010年の SP3 のすべての中間更新プログラムを削除します。.また、これを参照してください。 この更新プログラムをインストールする方法に関する重要な情報.

Exchange Server 2010年の SP3 の更新プログラムのロールアップ 11 を取得します。

方法 1: マイクロソフトの更新プログラム

この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Update から入手可能です。

注: <b>マイクロソフトの更新プログラムは、クラスター化された Exchange Server 2010年のシステム、Exchange Server 2010年の更新プログラムのロールアップを検出しません。

どのようにうるさいこの更新プログラムのロールアップ

うるさい、この更新プログラムは、これらの手順に従います。
  1. Windows Update を開きます。
  2. 左側のウィンドウで [更新プログラムの確認を Windows がお使いのコンピューターの最新の更新プログラムが検索されるを待ちます。
  3. オプションの更新プログラムが利用可能なことを示すかを示すオプションの更新プログラムの確認を求めるメッセージが表示された場合は、更新プログラムを確認するメッセージをクリックします。
  4. 一覧で、3078674、更新プログラムのチェック ボックスをオンにし、インストールします。


方法 2: マイクロソフト ダウンロード センター

更新プログラムのロールアップは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードもできます。
更新プログラムのロールアップで修正される問題

この updatefixes は次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題が解決します。
更新プログラムの詳細情報

インストール手順

についての詳細情報 Exchange Server 2010年用の最新の更新プログラムのロールアップをインストールする方法.

次の更新プログラムのインストールのシナリオについても学びます。

インターネットに接続していないコンピューターに更新プログラムをインストールします。

インターネットに接続されていないコンピューターでこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールの長い時間があります。さらに、次のメッセージが表示される場合があります。
.Net アセンブリのネイティブ イメージを作成しています。
この現象の原因は、次の web サイトへの接続要求をネットワークで。

http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl

これらのネットワーク要求は、ネイティブ イメージ生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルするアセンブリごとに証明書失効リストにアクセスするための試行を表します。ただし、Exchange サーバーがインターネットに接続されていないため要求ごと待つ必要がありますタイムアウトするまでプロセスを続行する前にします。

この問題を修正は、これらの手順に従います。
  1. Internet Explorer で [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックして >詳細設定します。
  2. [セキュリティ] セクションで、発行元の証明書の失効を確認する] チェック ボックスをオフにし、[ok]を選択し、します。
コンピューターが厳しく制御された環境の場合にのみは、Internet Explorer では、このセキュリティ オプションをオフにします。セットアップが完了すると、発行者の証明書の失効を確認する] チェック ボックスを再度選択します。

Outlook Web App ファイルをカスタマイズしているコンピューターに更新プログラムをインストールします。

重要: この更新プログラムのロールアップを適用する前にいずれかのバックアップ コピーを作成します。 カスタマイズされた Outlook Web App ファイルです。

更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、必要な場合、更新処理は Outlook Web App ファイルを更新します。したがって、Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web App ファイルにすべてのカスタマイズが上書きされ、Logon.aspx に Outlook Web App のカスタマイズを再作成する必要があります。

CAS CAS のプロキシを展開する CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様用の更新プログラムをインストールします。

両方の次の条件に合致する場合以外でインターネットに接続するクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、インターネットに接続するクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用します。
注: <b>その他の Exchange Server 2010年の構成では、特定の順序でサーバー上の更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

アンインストール情報

Exchange Server 2010年の SP3 用の更新プログラムのロールアップの 11 を削除するのには 3078674 の更新プログラムを削除するのにはコントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目を使用します。
詳細

Windows Server 2012 の DBCS バージョンでこの更新プログラムをインストールします。

インストールまたは非 Unicode プログラムの言語の優先順位は、既定の言語に設定されている場合、2 バイト文字セット (DBCS) バージョンの Windows Server 2012 で Exchange Server 2010年の SP3 の更新プログラムのロールアップの 11 をアンインストールすることはできません。この問題を回避するには、最初にこの設定を変更する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 時計、地域および言語を選択してコントロール パネルの [>地域>管理します。
  2. 非 Unicode プログラムの言語の領域で、システム ロケールの変更を選択します。
  3. 英語 (米国)を選択して現在のシステム ロケール] ボックスの一覧で、[> [ok]します。
インストールまたは更新プログラムのロールアップの 11 をアンインストールしたら正常には、この言語を必要に応じて設定を元に戻します。
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3078674 - 最終更新日: 09/15/2015 21:17:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3

  • kbsurveynew atdownload kbfix kbexpertiseadvanced kbmt KB3078674 KbMtja
フィードバック