現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ファイルと設定の転送ウィザードを実行しても転送が行われない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307869
現象
ファイルと設定の転送ウィザードを実行すると、以下の現象のいずれかが発生することがあります。
  • 転送が完了しないうちにファイルと設定の転送ウィザードが終了する。
  • ユーザー設定またはシステム設定が期待どおりに転送されない。
  • デスクトップ上に作成されたアイコンが正常に機能しない。
  • Microsoft Outlook Express のアカウント情報が失われる。
  • Outlook Express で新規作成したメール アカウントが、古いアカウントで上書きされる。
  • Outlook Express と Outlook 2000 がアドレスブックを共有していると、Outlook Express と Outlook 2000 の設定が転送されない。
  • Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) ベースのコンピュータで、Outlook Express のメッセージ ストアを開いたままでファイルと設定の転送ウィザードを実行すると、メッセージ ストアが破損する。
解決方法
この問題を解決するには、Windows XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
この更新プログラムは、Windows Update Web サイトから入手できます。リリース日 : 2001 年 10 月 25 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付           時刻     バージョン      サイズ    ファイル名    プラットフォーム   ----------------------------------------------------------------   20-Sep-2001  12:51  5.1.2600.14  113,664  Guitrn.dll    i386   20-Sep-2001  12:51  5.1.2600.14  100,864  Guitrn_a.dll  i386   20-Sep-2001  12:33               152,013  Migapp.inf    i386    20-Sep-2001  12:50  5.1.2600.14  230,400  Migwiz.exe    i386   20-Sep-2001  12:50  5.1.2600.14  226,816  Migwiz_a.exe  i386   20-Sep-2001  12:50  5.1.2600.14  186,368  Script.dll    i386    20-Sep-2001  12:50  5.1.2600.14  167,424  Script_a.dll  i386   20-Sep-2001  12:51  5.1.2600.14  141,312  Sysmod.dll    i386   20-Sep-2001  12:51  5.1.2600.14  130,560  Sysmod_a.dll  i386    20-Sep-2001  12:50  5.1.2600.14   78,336  Unctrn.dll    i386   20-Sep-2001  12:50  5.1.2600.14   66,048  Unctrn_a.dll  i386				

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Windows XP Service Pack 1 で最初に修正されました。
詳細
ファイルと設定の転送ウィザードを使用することによって、ファイルおよび設定を古いコンピュータから新しいコンピュータに転送することができます。デスクトップ設定や画面設定、ダイヤルアップ設定などと同様に、Microsoft Internet Explorer や Outlook Express の設定も転送できます。以下の Microsoft Windows オペレーティング システムを実行している場合は、ファイルと設定を古いコンピュータから新しいコンピュータに転送することが可能です。
Windows 95
Windows 98
Windows 98 Second Edition (SE)
Windows Me
Windows NT 4.0
Windows 2000
Windows XP (32 ビット)
: ファイルと設定の転送ウィザードを実行する前に、実行中のプログラムをすべて終了するようにしてください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 307869 (最終更新日 2003-10-30) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:307869 - 最終更新日: 03/24/2006 02:37:13 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • kbhotfixserver kbenv kbbug kbfix kbsysadmin kbwinxpsp1fix KB307869
フィードバック