"バック グラウンドのクリーンアップには、ページがスキップされました]: AD DS または LDS の isam ドライバーの NTDS イベント 602

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3079385
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Active Directory ドメイン サービス (AD DS) またはライトウェイト ディレクトリ サービス (LDS) を実行しています。
  • サイズを変更できるデータベースには、大きなクエリの負荷があります。
  • データベースに対して大きな変更のレートを表示しています。

このシナリオでは、警告イベントを定期的にオンラインでの最適化が完了しなかったことを示すが表示されます。

ID: 602
レベル: 警告
ソース: NTDS の isam ドライバー
メッセージ: NTDS (<PID>) NTDSA: データベース 'D:\windows\NTDS\ntds.dit': バック グラウンドのクリーンアップには、ページがスキップされました。データベースは、オフピーク時に、オンライン保守ウィンドウを拡大する恩恵を受ける可能性があります。スキップされたすべてのページをデータベースから削除するのには、オフラインでの最適化を実行することがありますこのメッセージが引き続き発生する場合です</PID>。
原因
バージョン ストアのデータベースのクリーンアップはバージョン ストアに事前に割り当てされているメモリの不足を回避するためにそのタスクの一部を省略する必要があるときは、このイベントが記録されます。データベースのページは、いずれかのオンラインまたはオフラインでの最適化の実行まで復旧できます。(オンラインの実行は、Active Directory の既定の構成では一般的です)。オンライン最適化は、必要がある場合によっては確認することが、イベント ID 701 703 の検索が終了します。これらのイベントは、オンラインでの最適化パスが完了したことを示します。

イベントは、オフピーク時にオンラインでの最適化のウィンドウを拡大できることを示しています。ただし、これは、Active Directory データベース エンジン ESENT (拡張記憶域エンジン) によってログに記録される一般的なイベントです。このエンジンは、多くの Windows コンポーネントおよび Microsoft Exchange Server などのサーバー アプリケーションによって使用されます。これらのアプリケーションは、データベースのオンラインでの最適化を推進するさまざまなアプローチがあります。

Active directory では、オンラインでの最適化を実行するスケジュールを定義する設定はありません。
解決方法

602 の将来のイベントを回避します。

不足を避けるためにバージョン ストアのサイズを増やす必要があります。この操作を行うためのレジストリ設定は次のとおりです。
EDB の最大バージョン ページ (最小値をインクリメント)

注: <b>詳細については、articlein のマイクロソフト サポート技術情報を表示するのには次の資料番号をクリックします。
232122Active Directory データベースのオフライン最適化を実行する方法
確実に整合性のとれた環境で、602 のエラー ログに記録されるすべてのドメイン コント ローラーでは、edb ファイルの最大バージョン ページに同じ設定を適用することをお勧めします。検討にロールアウトするすべてのドメイン コント ローラー環境で負荷分散を環境内の変更可能性があり、これが原因で警告をログに記録を開始するのには警告のログが以前のドメイン コント ローラーにすることもできます。

オンラインでの最適化処理の詳細

オンラインでの最適化は、ガーベジ コレクション プロセスの一部として実行されます。既定では、12 時間ごとにトリガーされます。

1 時間またはガベージ コレクション間隔の半分のジョブを実行、どちらか小さい方の値です。つまり、自動構成を使用するだけでオンラインでの最適化の間隔を短くことができます。

ただし、Active Directory と LDS は、 RootDSEオブジェクト上の操作の属性を提供します。オンラインでの最適化を開始するのには、この属性を使用することができます。ランタイムの値の秒数を指定することもできます。コマンドとは、この値を設定するとします。Repadmin ツールを使用すると、タスクをトリガーします。たとえば、次のコマンドを実行する可能性があります。
repadmin/setattrサーバー名>""doOnlineDefrag は、1200年を追加
この例では、2 時間のオンラインでの最適化が実行されます。

データベースのクリーンアップ

データベースをクリーンにする場合、およびデータベースのダウンタイムは大きな心配がない場合は、このオプションを選択します。

データベースの断片化を完全に削除するにはオフラインでの最適化を実行しています。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
232122Active Directory データベースのオフライン最適化を実行する方法
詳細
バージョン ストアのサイズを計算します。
974803 ドメイン コント ローラーが正常に実行速度が遅くなるか、ガーベジ コレクション プロセスの実行時に応答を停止します。

設定」doOnlineDefrag"
ディレクトリ データベース ファイルの管理タスク

ガベージ コレクションやオンラインでの最適化を分離します。

871003 Windows 2000 Server で Active Directory のガベージ コレクション プロセスを実行した後、オンラインでの最適化が自動的に実行します。

ガベージ コレクションの実行を管理します。

ディレクトリ サービスの構成の管理タスク

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3079385 - 最終更新日: 07/30/2015 18:53:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Standard, Windows 8, Windows 8.1

  • kbmt KB3079385 KbMtja
フィードバック