Exchange Online へリソース メールボックスを移行した後、会議用にリソースを予約できない

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
シナリオ説明  
  • オンプレミス Exchange Server と Office 365 の Exchange Online でハイブリッド展開を実施しています。
  • オンプレミス環境から Exchange Online へリソース メールボックスを移行します。
上記シナリオにおいて、ユーザーは会議用のリソースを自動的に予約できなくなります。
原因
BookInPolicyRequestInPolicyRequestOutOfPolicy パラメーターのプロパティがメールボックス内にあり、オンプレミス Exchange 組織に対するライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) パスを含んでいることが原因です。
解決方法
Exchange Server 2013 を実行している場合は、Exchange Server 2013 用累積更新プログラム 7 またはそれ以降のバージョンをインストールしてください。Exchange Server 2013 用累積更新プログラム 7 に関する詳細は、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2986485: Exchange Server 2013 用累積更新プログラム 7 (英語)
回避策
Exchange Server 2010 を実行している場合にこの問題を回避するには、リソース メールボックスを Exchange Online へ移動した後で予約ポリシー設定を再度適用してください。
追加情報
リソース メールボックスに予約ポリシー設定をセットアップする方法の詳細は、「Set-CalendarProcessing」を参照してください。
プロパティ

文書番号:3079772 - 最終更新日: 05/19/2016 09:10:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • o365022013 o365 o365a o365e o365m hybrid KB3079772
フィードバック