メールボックスを Office 365 専用/ITAR (vNext) に移動した後にユーザーが空き時間情報を表示できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3079929
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR (vNext) にメールボックスを移動した後、オンプレミスのユーザーをスケジュール アシスタントでメールボックスの空き時間情報が表示されません。

[[スケジュール アシスタント] ページのスクリーン ショット

また、ユーザーできます、予定表フォルダーを表示できなくなります、「を更新できませんでした」エラーが表示。

予定表フォルダーのスクリーン ショット
原因
予定表フォルダーの既定のアクセス許可は[なし]または作成者に設定されます。クロス フォレスト シナリオで [スケジュール アシスタントを使用して空き時間情報を照会する際に、可用性サービスはユーザーの委任されたアクセス許可ではなく組織の関係を使用します。スケジュール アシスタントの代わりにそれを要求したユーザーのための組織関係のためのフォレスト間の要求を行います。組織関係はアクセス許可をカレンダーで表示される既定のアカウントにリンクしています。「空き時間」または「空き時間情報、件名、場所です」のように明示的に付与されているアクセス権を処理できないため、
回避策
予定表フォルダーの既定のアクセス許可はなしまたは投稿者に設定されて、ユーザーの委任を使用して Outlook の予定表ビューに直接予定表を添付して場合にのみ詳細を取得できます。ハイブリッド展開では、両方のユーザーが同じ環境では異なる空き時間情報し、予定表の共有機能の作業で。既定のアクセス許可は、リモート フォレスト内のユーザーに表示される空き時間情報の種類を決定します。なし] または [投稿者に既定のアクセス許可が設定されて場合、リモート ユーザーの空き時間情報は表示されず、ユーザーは、メールボックスの予定表を表示できません。これはどちらの種類のアクセス許可の表示/非表示の空き時間情報の任意のレベルを提供するためです。

カレンダーのプロパティ ページのスクリーン ショット
カレンダーのプロパティ ページのスクリーン ショット

リモート ユーザーのメールボックスの空き時間情報を表示できる必要があります、メールボックスの所有者に空き時間情報空き時間情報、件名、場所、既定のアクセス許可の変更によってこの問題を回避操作できます。すべてのリモート ユーザーに対して共有されている空き時間情報が変更されます。などの空き時間情報に既定のアクセス許可を設定できます。

カレンダーのプロパティ ページのスクリーン ショット

リモート ユーザーは、[スケジュール アシスタントでは、空き時間情報データを参照できます。

[[スケジュール アシスタント] ページのスクリーン ショット

または、リモート ユーザーが追加の予定表と空き時間情報データを確認できます。

予定表フォルダーのスクリーン ショット

リモート ユーザーの予定表フォルダーの内容への追加アクセスを取得する予定表フォルダーのアクセス許可を付与できます。

カレンダーのプロパティ ページのスクリーン ショット

リモート ユーザー (テスト ユーザー 1)、メールボックスの予定表フォルダーを今すぐ確認できます。

予定表フォルダーのスクリーン ショット
詳細
フォレスト間の空き時間情報の構成方法については、資料、マイクロソフト サポート技術を参照する次の文書番号をクリックします。
3079932ユーザーが Office 365 専用/ITAR (vNext) では、リモート フォレスト内のメールボックスの空き時間情報基本情報のみを表示できます。

または明示的に権限を許可するユーザーの予定表、既定の予定表のアクセス許可を設定するときに共同作成者のアクセス許可を持ついくつかの違いがあります。既定の予定表のアクセス許可を設定すると、空き時間情報の設定[なし]を使用します。

カレンダーのプロパティ ページのスクリーン ショット

ユーザーが投稿者の権限を付与されるときにカスタムのアクセス許可レベルが自動的に変更します。空き時間情報が含まれます。

カレンダーのプロパティ ページのスクリーン ショット

これは予想される動作は、予定表でアイテムを作成できるユーザーは、フォルダーとビューの空き時間情報も確認できます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3079929 - 最終更新日: 07/17/2015 16:58:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB3079929 KbMtja
フィードバック