[MS15-084] XML Core Services の脆弱性により、情報漏えいが起こる (2015 年 8 月 11 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows および Microsoft Office の脆弱性を解決します。これらの脆弱性により、ユーザーが特別に細工されたリンクをクリックした場合にメモリ アドレスを漏えいさせるか、SSL (Secure Sockets Layer) 2.0 の使用を明示的に許可することにより、情報漏えいが起こる可能性があります。しかし、すべての場合において、攻撃者には、特別に細工されたリンクをユーザーに強制的にクリックさせる手段はありません。通常は、電子メールまたはインスタント メッセンジャーのメッセージの誘導により、ユーザーにリンクをクリックさせることが攻撃者にとっての必要条件となります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-084 を参照してください。
詳細
重要
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。
  • 3076895 [MS15-084] Windows XML コア サービスのセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 8 月 11 日)
  • 2825645 [MS15-084] 2007 Microsoft Office Suite セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 8 月 11 日)
更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは Windows Update から入手できます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムが自動的にダウンロードされてインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

スタンドアロンの更新プログラム パッケージを Microsoft ダウンロード センターから入手できます。更新プログラムをインストールするには、ダウンロード ページのインストール手順に従います。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-084 で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Vista (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.0-KB3076895-x86.msu

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows Vista のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.0-KB3076895-x64.msu

Windows Vista のすべての x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-amd64.exe
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]、[セキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3076895 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Windows Server 2008 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.0-KB3076895-x86.msu

Windows Server 2008 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows Server 2008 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.0-KB3076895-x64.msu

Windows Server 2008 のすべての x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-amd64.exe

Windows Server 2008 のすべてのサポートされている Itanium-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0
Windows6.0-KB3076895-ia64.msu

Windows Server 2008 のすべての Itanium-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-amd64.exe
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]、[セキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3076895 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 7 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Windows 7 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.1-KB3076895-x86.msu

Windows 7 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows 7 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.1-KB3076895-x64.msu

Windows 7 のすべての x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-amd64.exe
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3076895 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Windows Server 2008 R2 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.1-KB3076895-x64.msu

Windows Server 2008 R2 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows Server 2008 R2 のすべてのサポートされている Itanium-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows6.1-KB3076895-ia64.msu

Windows Server 2008 R2 のすべての Itanium-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-amd64.exe
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3076895 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 8 および Windows 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Windows 8 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows8-RT-KB3076895-x86.msu

Windows 8 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows 8 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows8-RT-KB3076895-x64.msu

Windows 8 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows 8.1 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows8.1-KB3076895-x86.msu

Windows 8.1 のすべてのサポートされている 32 ビット版上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows 8.1 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows8.1-KB3076895-x64.msu

Windows 8.1 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3076895 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Windows Server 2012 のすべてのサポートされているエディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows8-RT-KB3076895-x64.msu

Windows Server 2012 のすべてのサポートされているエディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe

Windows Server 2012 R2 のすべてのサポートされているエディション上の Microsoft XML コア サービス 3.0:
Windows8.1-KB3076895-x64.msu

Windows Server 2012 R2 のすべてのサポートされているエディション上の Microsoft XML コア サービス 6.0:
msxml6-KB3076895-enu-x86.exe
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3076895 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows RT および Windows RT 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
企業環境でのこれらの更新プログラムは Windows Update でのみ入手できます。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3076895 を参照してください。

Microsoft Office 2007 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Office 2007 Service Pack 3:
msxml52007-kb2825645-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft InfoPath 2007 Service Pack 3:
msxml52007-kb2825645-fullfile-x86-glb.exe
インストール スイッチサポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動の必要性を下げるには、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのサービスを停止し、すべてのアプリケーションを閉じます。再起動を促すメッセージが表示される理由の関連情報を参照するには、サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報ファイル情報のセクションを参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

ファイル ハッシュ情報

File nameSHA1 hashSHA256 hash
msxml52007-kb2825645-fullfile-x86-glb.exeE4E818F834F7A93520F938BA2851603C2E15264F94592E3DDDE0E9A28BC8AC7F3BF1B0F904E26322CC0D17EBDA9A8C202A093D14
Windows6.0-KB3076895-ia64.msu6BD52774ED55EBFC480509FA4539054DAF7EA9DB058B768B2839E62D94BF61DE17FA61CAB22F1D96B05D20E552E7184D894E6397
Windows6.0-KB3076895-x64.msuC5EE548DE68654F028EF0FA2AC8280C6807B9D9CC11E0873A423D36F2150FEB142757CF007AAE7FF4CF02F2DA7B397CDBC33EA61
Windows6.0-KB3076895-x86.msu0A5020F8E15B01CFF1D8CD085B25923460CECFC42660F711FAD513EDB984CCE139BD30FF2FC90E0111042D5D065894E6DEFD25DF
Windows6.1-KB3076895-ia64.msuA6333C214493BFDB0B0DC1AE69B4EBBAC3BA6DA53E91A571930A14BEA90C5C22380CEAE6D4DFEB65D602E84B40953B58D4B485B4
Windows6.1-KB3076895-x64.msu6A8FB82FA391D09A078B7F6D63A070A481D0750BE4866715BB1866800832D3355C1EA08F16A090CE2EBF3636CFC5DBAD2522BE46
Windows6.1-KB3076895-x86.msuB4E92BB314404801D2816C2D53B6449E654CE6BC254905B50E0FE4D265F801721264592D11C29BF9065A7F101122DF228E438C6B
Windows8.1-KB3076895-arm.msu06197DED083E19A9BF16D8F9754FC1544EEA152FDE333EAF430879D0284595F3AA39A8CAFDD7CABECD5B87CFD7262F1076990246
Windows8.1-KB3076895-x64.msu24498C2C6B322768636629F4FA65884696B35FE87A1CCBE3CA5E0B281366411F338DC5989123908D3D375E9809BF148F49EBD3C0
Windows8.1-KB3076895-x86.msu2C68ADB1F0CF7C444759E3DCE0468E98AFCD2D96CA2097E4AF45A8D278AF104F903E53BEBA95D55237EE58C4C434C54BBF9F007C
Windows8-RT-KB3076895-arm.msuC101A950AC266885594445FF2411BA377068E082A7C9D24F3082EC0FF395FA1B83405F5986B028A7B8F3D084A966C099B3230B95
Windows8-RT-KB3076895-x64.msu717FAE16466BBA4B0323189D2A3573DF61B10795DA7A1E3A2B5C73C1C392DFFA149E58467179B3261B21A4B45111DEA545DFE6F3
Windows8-RT-KB3076895-x86.msuD19CBA004640047D334E2948173B130D6D3FBAE050769FB19ADA4452151C80072F24BE8D031606310B472BAC835E482C2EBB0F7A

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート
malicious attacker exploit
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3080129 - 最終更新日: 08/14/2015 19:08:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows RT, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3, Microsoft Office Enterprise 2007, Microsoft Office Enterprise 2007 Home Use Program, Microsoft Office Professional 2007, Microsoft Office Standard 2007, Microsoft Office Home and Student 2007, Microsoft Office Small Business 2007, Microsoft Office Basic 2007

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3080129
フィードバック