2015 の Team Foundation Server 内の id フィールドに一意のユーザーを選択するためのクライアントのサポート

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3080404
概要
Team Foundation Server の 2015 年の前にすることが割り当てられている作業項目クエリを実行すると、同じ表示名を持っているユーザーの間で区別されません。Team Foundation Server 2015年では、作業項目およびクエリは Visual Studio の 2015年と web ポータルでの新しいユーザー コントロールを提供します。この新しいユーザー コントロールにコントロールには、ユーザーのアバターとアカウントの名前が表示されるので、同じ表示名を持つユーザー間で簡単に区別できます。
詳細
つまり、クエリのですか。

Visual Studio の 2013 queryin または以前のバージョンでは、あいまいな表示名を含むクエリの句は、その表示名を共有するユーザー全員の作業項目を返します。新しいクライアントは、ただし、クエリの結果を返すの Id セレクターで選択した個別のユーザーの作業項目のみです。

さらに、Visual Studio の 2013年または以前のバージョンでの表示名のクエリを実行するには、表示名が一致しているアクティブおよび非アクティブの両方のユーザーのための結果が返されます。Web ポータルまたは Visual Studio の 2015年を Team Foundation Server 2015年または Visual Studio のオンラインに対してクエリを使用すると、ユーザー使用する必要が「含む」演算子と表示名に対するクエリがアクティブと非アクティブなユーザーの両方の結果を返します。
クエリの動作
2013 の Visual Studio およびそれ以前のバージョン新しいユーザー コントロールには使用できません。クエリの結果には、アクティブおよび非アクティブなユーザーを含む、同じ表示名を持つすべてのユーザーの作業項目が含まれています。
Visual Studio 2015ユーザー コントロールがあるし、個別のアクティブなユーザーに割り当てられている作業項目がクエリ結果に含まれています。「含む」演算子を使用するだけでは、アクティブでないユーザーを参照してください。
Web ポータルユーザー コントロールがあるし、個々 のユーザーに割り当てられている作業項目がクエリ結果に含まれています。「含む」演算子を使用するだけでは、アクティブでないユーザーを参照してください。
TFS 2015 の識別情報

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3080404 - 最終更新日: 07/29/2015 22:18:00 - リビジョン: 1.0

Visual Studio Team Foundation Server 2015, Visual Studio Team Foundation Server 2015 Express, Visual Studio Enterprise 2015, Visual Studio Express 2015 for Desktop, Visual Studio Express 2015 for Web, Visual Studio Express 2015 for Windows 10, Visual Studio Professional 2015, Visual Studio Test Professional 2015

  • kbmt KB3080404 KbMtja
フィードバック