自動マッピングが Office 365 専用/ITAR (vNext) でクロス フォレスト展開で期待どおりに動作しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3080561
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR (vNext)、ハイブリッド展開で別のフォレストにメールボックスを移動した後に Microsoft Outlook のプロファイルとメールボックスがマップされていない自動的にします。
原因
この問題は、次の理由のいずれかで発生します。
  • ユーザーには、Outlook の古いバージョンが実行されています。
  • 自動マッピングを有効にするアクティブな Directoryattributes の値が存在しません。
解決方法
注: <b>自動マッピング機能は、vNext の Microsoft Exchange Online のユーザーに対してのみ使用できます。

自動マッピングの概要

展開では、ハイブリッドではない、追加 MailboxPermissionコマンドレットを使用するか、Exchange 管理センター (EAC) を使用して、ユーザーがメールボックスへのフル アクセスのアクセス許可を与え、ときに自動的に、自動マッピングが有効です。これらのアクセス許可を追加するときは、ユーザーとメールボックスを別のオブジェクトをリンクする 1 つの値が追加されます。
  • メールボックス権限がある: msExchDelegateListLink
  • アクセス許可が付与されているユーザー: msExchDelegateListBL
これらのプロパティによっては、LDP またはアクティブなディレクトリ サービス インターフェイス エディター (Adsi) など、Active Directory ツールを使用して表示した設置ができます。Exchange の PowerShell コマンドレットを使用してこれらのプロパティは属性として表示されません。

自動マッピングを無効にするには、追加 MailboxPermissionAutoMappingパラメーターを使用します。AutoMappingパラメーターの詳細については、次を参照してください。追加 MailboxPermission.

ハイブリッド自動マッピングのシナリオ

ハイブリッド シナリオによっては、追加の手順が必要な作業の自動マッピングをします。

シナリオ 1: アクセス許可は、ユーザーする前に、またはクラウドに移行するメールボックスの移動中

例: ジョンは、売り上げ高のメールボックスにフル アクセスのアクセス許可。John のメールボックスは、クラウドに移動されます。

説明: 自動マッピング属性 (msExchDelegateListLink/BL) は同期 Azure Active Directory 同期 (AAD の同期) で、移動する前にクラウドに移行します。Microsoft Exchange メールボックス レプリケーション サービス (MR) は任意のアクセス許可をクラウドへの移動中に転送もされます。

要件: ジョンする必要があります 2015年パブリック更新 (PU) の Outlook 2010 または Outlook 2013 またはそれ以降の更新プログラム、実行可能性があります。Outlook 更新プログラムの情報についてはOutlook 更新プログラム.

シナリオ 2: アクセス許可がユーザーに追加またはクラウドに移行するメールボックスの移動

例: ジョンは、クラウドに移動されます。移動後彼は、売り上げ高のメールボックスの設置型へのフル アクセス許可を要求します。

説明: アクセス許可に追加されますメールボックス設置 (販売)追加 MailboxPermissionsを使用しています。BecauseJohn は、オンプレミス環境でのメール ユーザー、属性 (msExchDelegateListLink/BL) の自動マッピングは追加されません。

要件:
  1. AAD の同期によってクラウドに同期するのには、オンプレミス メール ユーザー オブジェクトを手動で追加するのには、これらの属性があります。これらの属性は、Active Directory の PowerShell モジュールのセット ADUserコマンドレットの追加パラメーターを使用して手動で設定できます。これらの属性の詳細については、次を参照してください。セット ADUserActive Directory Windows PowerShell コマンドレット.
  2. ジョンを実行している必要がありますが 2015年パブリック更新 (PU) の Outlook 2010 または Outlook 2013 で更新します。Outlook 更新プログラムの情報についてはOutlook 更新プログラム.

自動マッピングのトラブルシューティング

  1. プロファイルの自動マップをメールボックスに Outlook の自動検出の XML で返される情報を持っています。影響を受けるユーザーとしては、これを確認するには、次の手順を実行します。
    1. Outlook を起動し、Ctrl キーを押しながら、通知領域の [Microsoft Outlook] アイコンを右クリックします。

      Outlook のアイコンのスクリーン ショット
    2. テスト電子メールの自動構成を選択します。

      テスト電子メール AutoCongiguration オプションのスクリーン ショット
    3. クリア、使用 Guessmart Guessmart 認証のセキュリティで保護されたオプションの場合、し、[テスト] をクリックします。

      テスト電子メールの自動構成] ページのスクリーン ショット
    4. テストが完了すると、[ XML ] タブの通知の内容に AlternativeMailbox タグに格納されている値を確認します。

      <AlternativeMailbox>
      <Type>代理人</Type>
      <DisplayName>販売</DisplayName>
      <LegacyDN>/o = contoso と ou = Exchange 管理グループ (FYDIBOHF23SPDLT)/cn = 受信者と cn = 売り上げ高</LegacyDN>
      <Server></Server></AlternativeMailbox>サーバー名

    注: アーカイブ メールボックスは、アーカイブの種類の別のメールボックスとして表示されます。
  2. AlternativeMailbox タグで、メールボックスがある場合、影響を受けるユーザーが実行されていること確認月 2015年パブリック更新 (PU) の Outlook 2010 または Outlook 2013 で更新します。Outlook 更新プログラムの情報についてはOutlook 更新プログラム.
  3. AlternativeMailbox タグで、メールボックスが表示されない場合は、LDP または ADSI Edit などのツールを使用して、オンプレミスと BL の msExchDelegateListLink プロパティを確認します。
  4. 設置型のオブジェクトのプロパティが存在する場合についてはマイクロソフトにエスカレートします。エスカレーションでは、次の情報を提供します。


詳細

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3080561 - 最終更新日: 04/15/2016 19:15:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphxlink kbgraphic kbmt KB3080561 KbMtja
フィードバック