現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP のアンインストールをコマンド プロンプトから開始する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP308233
概要
この資料では、Windows XP ベースのコンピュータを通常モードまたはセーフ モードで起動できない場合に、Windows XP のアンインストールを開始する方法を説明します。
詳細
Microsoft Windows 98、Microsoft Windows 98 Second Edition、または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) からアップグレードした場合、Windows XP のコントロール パネルのプログラムの追加と削除ツールに [Windows XP のアンインストール] オプションが提供されます。このオプションを使用すると、以前のバージョンの Windows を復元することができます。Windows XP ベースのコンピュータを通常モードまたはセーフ モードで起動できない場合、Windows XP をアンインストールするには、アンインストール プロセスを手動で開始します。
  1. コンピュータを [セーフモードとコマンド プロンプト] で起動します。

    : 管理者または管理者権限を持つユーザーとしてログオンする必要があります。
  2. コマンド プロンプトで cd\ と入力して、Enter キーを押します。
  3. cd\windows\system32 と入力して、Enter キーを押します。
  4. osuninst.exe と入力して、Enter キーを押します。
  5. 画面に表示される指示に従って、コンピュータから Windows XP をアンインストールし、以前のオペレーティング システムを復元します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 308233 (最終更新日 2001-12-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:308233 - 最終更新日: 12/05/2001 17:07:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbhowto kbtool kbsetup KB308233
フィードバック