Service Pack のインストール後、または Windows コンポーネントの追加や削除後に .IDA および .IDQ マッピングが復元される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP308268
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
インターネット インフォメーション サービス (IIS) を実行している Windows 2000 ベースのシステムに Service Pack をインストールした場合、または [アプリケーションの追加と削除] を使用して Windows コンポーネントの追加や削除を行った場合、以前削除した .ida マッピングおよび .idq マッピングが復元されることがあります。
解決方法
この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
この問題の修正プログラムは、Windows 2000 セキュリティ ロールアップ パッケージ 1 (SRP1) にも含まれています。SRP1 の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
311401 Windows 2000 Security Rollup Package 1 (SRP1), January 2002
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付            時刻    バージョン        サイズ    ファイル名   -------------------------------------------------------   24-Sep-2001  15:37  5.0.2195.4393  99,088  Setupqry.dll				

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Windows 2000 Service Pack 3 で最初に修正されました。
詳細
Windows 2000 Datacenter Server 用の修正プログラムの入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265173 Datacenter Program と Windows 2000 Datacenter Server
複数の修正プログラムのインストールを 1 回の再起動のみで行う方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
296861 複数の Windows Update または修正プログラムを同時にインストールし、再起動を 1 回で済ませる方法
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 308268 (最終更新日 2003-12-19) を基に作成したものです。
security_patch kbWin2000srp1
プロパティ

文書番号:308268 - 最終更新日: 02/24/2014 15:37:01 - リビジョン: 3.4

  • Microsoft Windows 2000 Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP1
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP2
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsecurity kbwin2000presp3fix kbwin2000sp3fix KB308268
フィードバック