Windows スクリプト ホスト、VBScript、JScript ファイルをデバッグする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:308364
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
この資料の目的は、(適切な言語エンジンがインストールされていれば) どんな ActiveX スクリプト言語でも記述できるが既定では VBScript と Jscript で記述されている Windows Script Host(WSH)のスクリプトのデバッグ方法を説明することです。レジストリの特定フラグ、そして、使用するデバッガーによって、デバッグを有効にする特定の必須手順があります。
詳細
Microsoft Visual InterDev、Microsoft スクリプト デバッガー、またはその他のデバッガーで、WSH スクリプトをデバッグするには、スクリプトを起動するには、次のコマンドライン構文を使用します。
wscript.exe //d <path to WSH file>				
このコードによって、ランタイム エラーが発生した時はユーザに通知され、ユーザーはアプリケーションをデバッグするかどうか選択できます。また、次のように、スクリプト開始直後にデバッガーを起動するイミディエイト例外をスローさせるために、//x フラグを使用することが出来ます。
wscript.exe //d //x <path to WSH file>				
デバッグ条件が存在した場合、次のレジストリ キーによって使用されるデバッガーが決まります。
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\ {834128A2-51F4-11D0-8F20-00805F2CD064} \LocalServer32
スクリプト デバッガーが Msscrdbg.exe をする必要があり、Visual InterDev デバッガーに Mdm.exe をする必要があります。

Visual InterDev がデフォルトのデバッガーの場合は、ジャスト ・ イン ・ タイム (JIT) 機能が有効になっていることを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Visual InterDev を起動します。
  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  3. [デバッガー] をクリックし、次に「JIT オプション」で全般およびスクリプトの両カテゴリが選択されているかを確認します。
さらに、.wsf ファイルをデバッグしようとする場合は、次のレジストリ キーが 1 に設定されていることを確認してください。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows Script\Settings\JITDebug

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:308364 - 最終更新日: 09/28/2016 00:08:00 - リビジョン: 5.0

  • kbdswmanage2003swept kbinfo kbmt KB308364 KbMtja
フィードバック