ログオン時に、ホーム フォルダがダウンレベル サーバーへマッピングされない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP308580
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ユーザーのホーム フォルダが、ダウンレベルのサーバー メッセージ ブロック (SMB) サーバー上のネットワーク ドライブにマップされている場合、そのドライブがログオン処理時に接続されないことあります。たとえば、ユーザーが Samba 2.0.7 サーバーの共有にマップされたドライブXを使用している場合、そのドライブはクライアントのログオン時に接続されません。
原因
この動作は、Windows 2000 Service Pack 2 (SP2) または以下の修正プログラムをインストールした後に発生します。
262890 Cannot Obtain Home Directory Drive in Mixed Environment
状況
この現象は仕様です。
詳細
SP2 をインストールすると、WinLogon はホーム ドライブの接続時にユーザー名およびパスワードをクリア テキストでは送信しません。この変更は仕様によるものであり、ユーザー名およびパスワードがクリア テキストでネットワークに送信されることを防ぎます。

この仕様のため、SP2 のインストール後はユーザー ホーム フォルダの Samba 2.0.7 サーバーへのマッピングはサポートされません。これは、Samba 2.0.7 がユーザー名とパスワードをクリア テキストでのみ受け付けるためです。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 308580 (最終更新日 2002-10-11) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:308580 - 最終更新日: 01/10/2015 13:19:28 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbenv kbprb KB308580
フィードバック