PRB: がファイバー モードで実行すると SQLMail サポートされていません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:308604
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
SQLMail ファイバー モードで使用しているサーバーを実行すると (ハング) を応答を停止可能性があります。ファイバー モードは、設定すると、 簡易プーリング オプションを使用して、 sp_configure ストアド プロシージャです。

SQLMail が応答を停止します。
  • など、SQLMail の関数を呼び出すことはできません。

    • xp_sendmail
    • xp_readmail
    • xp_findnextmsg
    • xp_deletemail

    - と -

  • SQLMail の既存の接続は機能しません。
SQL Server の観点からは、一般に非 SQLMail のすべての新しい接続と非 SQLMail の既存の接続正常に動作します。ただし、まれので SQL Server も応答を停止可能性があります可能性があります。
詳細
MAPI および SQLMail の両方に「クリティカル セクション」の同期オブジェクトの実装を使用します。SQLMail と MAPI の両方の実装の詳細は、最初のスレッドがクリティカル セクションを入力するとスケジュールされており、スレッドを後から再スケジュールを取得可能性がありますの場合があります。別のスレッドの再スケジュールは、プログラムが応答を停止するが発生します。Microsoft Windows の 32 マニュアルは、クリティカル セクションに入ったスレッド、クリティカル セクションを終了するのには、同じ 1 つにする必要があります。 または、クリティカル セクションが解放されません。クリティカル セクションが解放されない場合は、プログラムが応答を停止可能性があります。SQLMail および MAPI の制限これらアーキテクチャにより、マイクロソフトは推奨または SQLMail がファイバー モードで実行されている場合をサポートします。

関連情報
詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
303287 BUG: 簡易プーリングで SQL を実行すると、DTC トランザクションが失敗します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:308604 - 最終更新日: 01/16/2015 23:35:00 - リビジョン: 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB308604 KbMtja
フィードバック