Exchange の統合がサポートされていないメソッドを避けるため。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3086992
はじめに
この資料では、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートを紹介開発者はさまざまなオープン ・ スタンダードとするも実装するカスタム ソリューションを作成する Microsoft Exchange Server の統合について説明します。
詳細
Api と方法論をサポートするとコードを作成する Exchange Server では、を使用することが重要です。場合によっては、開発者は、Exchange の動作を補強し、それ以外の場合 Exchange でサポートされていないいくつかの方法論を使用してアプリケーションを統合したりしてみてください。不安定になるし、予期しない方法で動作するように Exchange が発生することができます。

マイクロソフトでは、次の方法はサポートされていません。

  • 具体的にはスレッドの偽装をサポートしていない Api を使用して Exchange に対してスレッドの偽装を使用します。
  • OWA、EWS、EAS、またはクライアント アクセス サーバー上のようなストリームを変更します。
  • Exchange のアプリケーション プール、ISAPI 拡張機能またはモジュールを実行しています。
  • Exchange アプリケーション プールを実行するアカウントを変更します。
  • サポートされていない方法で Exchange のプロセスに Dll を注入します。
Exchange では、対象の設計およびテストには、特定のインターフェイスとプラクティスを使用します。これらのプラクティス、サポートされていない方法論を使用して、機能が導入されて、ためマイクロソフトはこの種の開発をサポートすると見なされます。

マイクロソフトのサポートには、一覧表示されている方法のいずれかを使用するいると思われるサードパーティ製のアプリケーションが検出されると、ときはほとんどの場合求められる問題が再現するかどうかを確認するようにアプリケーションを削除すること。サード ・ パーティ製のアプリケーションを削除した後、問題は再現しません、する場合は、問題を解決するのには、その製品のサポート エンジニアに連絡する必要があります。

Exchange では、コードがスレッドの偽装を実行することを防ぐためのチェックがあります。たとえば、Exchange がシャット ダウンのプロセス非常に突然 (FastFail)。このような状況は、次のテキストは、Exchange のイベント ログで 4999 のイベントが記録されます。

M.E.D.D.ConnectionPoolManager.BlockImpersonatedCallers

EWS 他のアプリケーションが偽装を許可するなど、Api では、自身のアカウントを偽装する機構があります。セキュリティ ソフトウェアおよびシングル サインオンのソフトウェアは、Exchange に送信するための呼び出しで資格情報を変更するのにはスレッドの偽装を使用するアプリケーションの一般的な例です。

Anotherapplicationcan の 1 つのアプリケーション プールのワーカー プロセスの下で実行されるサードパーティ製のコードでは、しない限り、アプリケーションは 1 つを使用するその他の問題が発生します。Exchange では、そのワーカー プロセスで実行するには、他のアプリケーションが許可されていません。Exchange アプリケーション プールのプロセスは、Exchange では、排他的に所属し、その下のサードパーティ製のコードを実行する必要があります。これは Exchange との競合が発生する可能性があります、エラーが発生するプロセスが発生する可能性があります。

一部の開発者は、それ以外の場合必要はありませんいくつかの機能を取得するために Exchange の動作をするアカウントを変更します。このことができます causeserver がクラッシュする、データの破損やその他の unexpectedproblems。プロセス内の任意の時点でこれらの問題が発生可能性があります。

カスタムのトランスポート エージェントなど、カスタムの DLLswith Exchange を統合するためにサポートされている方法もあります。Exchange の開発でサポートされていないメソッドを使用してはお勧めしません。などの DLL の強制挿入は、Exchange にカスタム DLL をロードするのにはサポートされていない方法です。

Exchange のサード ・ パーティ製のアプリケーションを統合するためのオプションを検討する際にサポートされていないメソッドを避けることが重要です。このような方法は削除した機能やアプリケーションを書き換える必要があるなど以降では、深刻な影響を持つことができます。最後に、道路のブロックが発生しを前方に移動するためのパスがあるない可能性があります。
イベント 4999 fastfail M.E.D.D.ConnectionPoolManager.BlockImpersonatedCallers スレッドの偽装には、ベスト ・ プラクティスの開発の isapi フィルターがサポートされています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3086992 - 最終更新日: 09/11/2015 21:03:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition

  • kbsurveynew kbmt KB3086992 KbMtja
フィードバック