Windows Server 2012 R2 の MSFT_NetLbfoTeamNic クラスが呼び出されたときに、カーネル イベント ID 2 が記録されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3087042
現象
NIC チーミング機能を使用して Windows Server 2012 R2 を使用すると、 MSFT_NetLbfoTeamNicの WMI クラスを呼び出すためにサード ・ パーティ製の WMI プロバイダーが使用されます、次のイベントが記録されます。

ソース: カーネルの EventTracing 管理
イベント ID: 2
セッション""次のエラーで起動に失敗しました: 0xC0000022

この資料では、この特定のエラーだけ NIC チーミングを使用しているときに発生します。このエラーは、サード ・ パーティ製の WMI プロバイダーの障害ではありません。さらに、NIC チーミングの WMI プロバイダーに関連付けられていない上の理由からこのイベントが記録される場合があります。
原因
この問題はサード ・ パーティ製の WMI プロバイダーが原因ではないです。この問題は、Windows Server の将来のバージョンでの考慮事項の追跡されています。

INetCfg インターフェイスを使用して、Windows Server 2012 R2 MSFT_NetLbfoTeamNicの WMI クラスです。INetCfg インターフェイスは、Windows によって自動的に有効にする NetCfgTrace カーネルのログ プロバイダーに関連付けられます。トレース データは自動的に C:\Windows\inf\netcfgx.0.etl ファイルに保存されます。すべての WMI プロバイダーは、次に、ネットワーク サービス アカウントで実行される、WMIPRVSE プロセスのコンテキストで実行されます。ただし、WMI プロバイダーは、 MSFT_NetLbfoTeamNicクラスを呼び出して場合、ネットワーク サービス アカウントがありませんこのファイルにトレース データを書き込む権限。
回避策
「現象」に記載されているシナリオでは、カーネル イベント ID 2 エラーがトリガーされた場合エラーは無害でありは無視していますかまいません。

する場合このエラーがログに記録されていることを防ぐため、管理用のコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

Takeown/f c:\windows\inf
icacls c:\windows\inf/grant「NT authority \network SERVICE":"(OI)(CI)(F)」
icacls c:\windows\inf\netcfgx.0.etl/grant「NT authority \network SERVICE」: F
icacls c:\windows\inf\netcfgx.1.etl/grant「NT authority \network SERVICE」: F

これらのコマンドは、このシナリオではログのエラーを防ぐために必要なファイルのアクセス許可を付与します。

C:\Windows\inf の所有者を NT SERVICE\TrustedInstaller アカウント (既定の設定) にリセットすることもできます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Windows エクスプ ローラーで、C:\Windows をC:\Windows\INFディレクトリを右クリックし、プロパティ] を選択します。[セキュリティ] タブの [詳細を] をクリックします。
  2. 所有者の横にある [変更] をクリックします。
  3. 場所をクリックし、ローカル コンピューター (ドメインに参加している場合は、上にスクロールする必要があります) を選択します。
  4. オブジェクト名に次のように入力します。 NT SERVICE\TrustedInstaller名前の確認を選択し、[OK] をクリックします。

最後に、次の例のように、継承のため、ネットワーク サービス アカウントが設定されているかどうかを確認するのには、 icaclsコマンドを実行します。

C:\>icacls c:\windows\inf

C:\Windows\inf NT authority \network SERVICE:(OI)(CI)(F)

[…]

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3087042 - 最終更新日: 08/27/2015 16:46:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB3087042 KbMtja
フィードバック