GPP は、コンピューターが Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の項目レベルのターゲット設定を満たしている後は適用されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3087288
この資料では、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のグループ ポリシー基本設定 (GPP) 項目の問題を修正する修正プログラム パッケージについて説明します。この更新プログラムをインストールする前に参照してください、 必要条件 セクションです。
現象
次のような状況を考えます。
  • GPP 項目を作成するとします。
  • [プロパティ] ページで [共通] タブで選択したを一度に適用し、再適用されません
  • 選択する項目レベルでターゲット > ターゲット、し、ターゲット項目の設定を構成します。
  • GPP オブジェクトは、項目レベルのターゲット設定で構成されている条件を満たしていないクライアント コンピューターで実行されます。
  • ユーザーは、クライアント コンピューターで変更を行うし、項目レベルのターゲット設定で構成されている条件を満たすようになります。
このシナリオでは、GPP の項目が適用されていません。
原因
この問題は、項目レベルのターゲット設定の条件はありません満たされたときでも適用されると、GPP の項目をコンピューターが考慮されるために発生します。その結果、ApplyOnce のレジストリ値は、GPP の項目のレジストリ キーに設定されています。したがって、GPP の項目を再適用はありません。
修正プログラムの情報
重要: この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールする場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。したがって、この更新プログラムをインストールする前に、任意の言語パックをインストールすることをお勧めします。詳細については、 言語パックを Windows に追加します。.

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b> さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b> 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、必要Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2919355) の更新プログラムのロールアップを 2014 年 4 月 Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 にインストールされている必要があります。

レジストリ情報

このパッケージで修正プログラムを使用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
Learnabout、用語集 を参照してください。
ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターにおけるこれらのファイルの日付と時刻は、現在の夏時間を使用したローカル時刻で表示されます。ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows 8.1、8.1 の RT の Windows および Windows Server 2012 R2

注:
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SPn)、サービス区分 (LDR、GDR) されるファイルは、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることにより識別できます。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.3.960 0.17 xxxWindows RT 8.1、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2RTMGDR
  • GDR サービス区分には、広域で重要な問題に対処するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR サービス区分には、幅広くリリースされている修正プログラムに加えて、緊急性の高い修正プログラムが含まれます。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとには追加のファイル情報」セクションに一覧表示されます。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
Windows RT 8.1
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Gpprefcl.dll6.3.9600.18086552,4482015 年 10 月-08-15:38該当なし
x86 Windows 8.1
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Gpprefcl.dll6.3.9600.18086579,0722015 年 10 月-08-15:56x86
x64 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Gpprefcl.dll6.3.9600.18086677,8882015 年 10 月-08-16:21x64
Gpprefcl.dll6.3.9600.18086579,0722015 年 10 月-08-15:56x86

追加ファイル情報

Windows RT 8.1
ファイルのプロパティValue
ファイル名Arm_231cd727ba8d146972e031f27c812440_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_a083cc069b78da07.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ711
日付 (UTC)2015 年 10 月-09-
時刻 (UTC)12:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名Arm_microsoft-windows-g.ppolicy policymaker_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_cbed392464911661.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ48,149
日付 (UTC)2015 年 10 月-08-
時刻 (UTC)17:07
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,598
日付 (UTC)2015 年 10 月-09-
時刻 (UTC)12:59
プラットフォーム該当なし
x86 Windows 8.1
ファイルのプロパティValue
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,598
日付 (UTC)2015 年 10 月-09-
時刻 (UTC)12:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_562a770da70d4c9450ee354e0ada11e2_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_66beafcfbdbdcc97.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ711
日付 (UTC)2015 年 10 月-09-
時刻 (UTC)12:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-g.ppolicy policymaker_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_cbeac6cc6493f79b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ48,149
日付 (UTC)2015 年 10 月-08-
時刻 (UTC)18:16
プラットフォーム該当なし
x64 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
ファイルのプロパティValue
ファイル名Amd64_9389d9134040595b37e53a314ac3241f_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_eb79e073fedad8d1.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ715
日付 (UTC)2015 年 10 月-09-
時刻 (UTC)12:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_c6dd77d841ee4bdd14c080021aba8831_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_017b62b62a1a846d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ715
日付 (UTC)2015 年 10 月-09-
時刻 (UTC)12:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-g.ppolicy policymaker_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_280962501cf168d1.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ48,153
日付 (UTC)2015 年 10 月-08-
時刻 (UTC)18:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,034
日付 (UTC)2015 年 10 月-09-
時刻 (UTC)12:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-g.ppolicy policymaker_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18086_none_325e0ca251522acc.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ30,457
日付 (UTC)2015 年 10 月-08-
時刻 (UTC)18:16
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3087288 - 最終更新日: 11/14/2015 05:11:00 - リビジョン: 1.0

Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbautohotfix kbfix kbmt KB3087288 KbMtja
フィードバック