Yammer アカウントが “システム管理者” により一時停止される

現象
シナリオ説明:
  • Office 365 で Yammer にサインインしています。 
  • Yammer ネットワークの認証管理者として、“Remove User” (ユーザーを削除する) ページではシステム管理者によって非アクティブ化されたユーザーが表示されます。 

    Screen shot of the Deactivated Users page in Yammer
  • さらに、“Users Export” (ユーザーのエクスポート) レポートでは、削除されたユーザーの “suspended_by_type” 欄に “System Administrator” (システム管理者) と表示されます。

    Screen shot of the Users Export report in Yammer
詳細情報
Yammer のユーザーを一時停止するためには 3 つの手順があります。また、当該ユーザーはシステム管理者により一時停止状態であると表示されます。

Yammer 用の Office 365 サインインの一環としてのアカウントのマッピング

Yammer ユーザーが Office 365 資格情報で Yammer へサインインするため、Yammer は Office 365 ユーザーと Yammer ユーザーを関連付けます (またはマッピングします)。この処理の間、複数の Yammer ユーザー アカウントを有する Office 365 ユーザーは一時停止状態になる場合があります。詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
3046030: Yammer ユーザーが Office 365 サインイン情報で Yammer にアクセスすると、"元従業員" と表示される

Office 365 における Yammer ユーザーのライフサイクル管理

現在、Office 365 資格情報で Yammer へサインインするユーザーのライフサイクルは Office 365 により管理されています。Office 365 で削除されているユーザーは、Yammer では一時停止されます。これらのユーザーはシステム管理者により非アクティブ化されたと表示されます。Office 365 でユーザーが削除された場合でも、当該ユーザーは 30 日以内であれば復元可能です。Yammer ユーザーは 90 日間 Yammer で一時停止されます。

ユーザーが Office 365 で復元されると、当該ユーザーは Yammer でも復元されます。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

返送された電子メール メッセージ

電子メールは Yammer の主要機能です。Yammer システムがユーザーへ電子メール メッセージを送信し、複数回返送 (バウンス メール) される場合、当該ユーザーは Yammer で一時停止されます。これらのユーザーはシステム管理者により Yammer で一時停止状態であると表示されます。

注: ユーザーが (Office 365 資格情報または Yammer のシングル サインオン (SSO) を使用する、または Yammer 資格情報でメールボックスにアクセスできるなど) アカウントにアクセスできる場合は、自身で再アクティブ化できます。
プロパティ

文書番号:3089284 - 最終更新日: 01/26/2016 09:25:00 - リビジョン: 2.0

Yammer

  • kbgraphic kbgraphxlink KB3089284
フィードバック