現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SHA256、コード署名証明書を使用して Office 2007 で VBA プロジェクトにデジタル署名できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3090063
現象
しようとすると マクロが有効な VBA プロジェクトにデジタル署名を行う2007Microsoft スイートを Office 文書で、SHA256 のコード署名証明書をオプションとして表示されない可能性があります。

さらに、Office 2007 で開くことにしようとすると SHA256 によってデジタル署名されているマクロを有効にした Office ドキュメントが認識されない可能性があります。
原因
この問題は、Office 2007 では、SHA256 の証明書をサポートしていないために発生します。
回避策
この問題を回避するには、状況に応じて、次の操作を行います。
  • マクロが有効な VBA プロジェクトにデジタル署名しようとしている場合は、SHA256 を使用してドキュメントに署名するのには Office 2010 または Office の新しいバージョンを使用します。
  • もしマクロを有効にしている SHA256but でデジタル署名されたドキュメントで認識されない Office 2007 では、信頼する側の信頼できる場所などのメカニズムを使用します。

    セキュリティ センターに移動するのには、>セキュリティ センターの設定>信頼できる場所>新しい場所を追加します。マクロが有効なファイルがネットワーク ドライブに保持されている場合は、ネットワークの信頼できる場所を許可する] チェック ボックスを選択することを確認します。また SHA256 によって署名されているファイルが、指定された信頼できる場所に保存されることを確認します。

    注: <b> Office 2007 では、SHA256 をサポートすることは、マクロのアドインまたはマクロが有効なファイルまたは SHA256 によって署名された COM アドインは信頼されませんが必要なアプリケーションが信頼できる発行元のオプションを使用して署名が有効になっている場合です。信頼できる発行元のオプションを使用して署名を必要とするアプリケーションを無効にすることもあります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3090063 - 最終更新日: 05/13/2016 23:43:00 - リビジョン: 2.0

2007 Microsoft Office Suite Service Pack 1, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 2, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3

  • kbmt KB3090063 KbMtja
フィードバック