修正: オフライン チェックポイント スレッドがシャット ダウンせず、SQL Server の 2014 年の詳細な例外情報を提供します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3090141
現象
2014 年の Microsoft SQL Server のメモリ用に最適化されたファイル グループを持つデータベースを使用するいると仮定します。トランザクション ・ ログを続行できますが、サイズが大きくなると切り捨てまたはログを圧縮することはできません。この問題をヒットしている、次の現象が表示されます。
  • 見つかりませんでしたカタログ ビューでは、log_reuse_wait_desc をレポートとして"XTP_CHECKPOINT"にします。
    Select name, log_reuse_wait_desc from sys.databases where name='<DatabaseName>'
  • 上の影響を受けるデータベースが失敗し、手動でチェックポイントの操作には、次のエラー メッセージが表示されます。
    メッセージ 41315、レベル 16、状態 4 行 N
    チェックポイント操作がデータベースに失敗しました。データベース名>.
  • 対象のデータベースに対応するオフラインのチェックポイント スレッドが見つかりません。
    Select db_name(database_id) as DatabaseName, * from sys.dm_exec_requests where command = 'XTP_OFFLINE_CKPT'
  • 影響を受けるデータベースを返しますに OLTP のチェックポイント操作に関する統計情報のクエリを実行します。0 すべての列。
    Select * from sys.dm_db_xtp_checkpoint_stats
解決方法
問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。 SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。
SQL Server の各新しいの累積的な更新には、すべての修正プログラムが含まれています、セキュリティ修正がすべて以前の累積的な更新プログラムに含まれる。ダウンロードして、SQL Server の最新の累積的な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。
回避策
この問題を回避するのには影響を受けるデータベース オフラインし、オンラインに戻る、または SQL Server のインスタンスをリサイクルします。

トランザクション ・ ログは、切り捨てることができますか、縮小させることができます。ただし、この修正プログラムが適用されるまでは、問題が再発する可能性があります。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3090141 - 最終更新日: 10/20/2015 07:32:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1

  • kbqfe kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB3090141 KbMtja
フィードバック