現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

システム センター構成マネージャーで 2012年でソフトウェア更新プログラムのメンテナンス

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3090526
概要
この資料では、ソフトウェア更新プログラムの保守プロセスを説明し、Microsoft システム センター 2012 Configuration Manager 管理者が WSUS データベースの最適なパフォーマンスを維持する方法について説明します。

注: <b>システム センター 2012年の構成マネージャーでソフトウェアの更新に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
3092358 ソフトウェア更新プログラムのトラブルシューティングおよびシステム センター構成マネージャーで 2012年のメンテナンス
詳細

期限切れの更新

継続的な更新プログラムの改訂プロセスの一環として、Microsoft Update カタログの一部の更新プログラムは期限が切れました。これは通常、更新プログラムの新しいバージョンが利用可能な場合に発生します。ただし、まれに、Microsoft 可能性があります更新プログラムに問題を検出、したがって期限切れに。ソフトウェア更新プログラムの同期中にこれらの有効期限が切れた更新プログラムは、構成マネージャー コンソールで「期限切れ」としてマークされます。この期限切れのステータスは、更新プログラムの横の淡色表示のアイコンが表示されます。これらの有効期限が切れた更新プログラムが、構成マネージャー データベースから定期的なスケジュールに基づいて自動的にクリーンアップされます。WSUS 同期マネージャー コンポーネントは、有効期限が切れた更新プログラムを削除します。これは、次の条件に該当する場合にのみ。
  • 更新プログラムは、更新プログラムの割り当てで参照されていません。
  • 更新プログラムは、「更新プログラム クリーンアップの有効期間] の値よりも古い(既定では、この値は 7 日間) です。

構成マネージャーの最上位レベルのサイトで、WSUS 同期マネージャーは、削除する必要がある更新プログラムのすべての時間をチェックし、上記の条件に一致した場合は、有効期限が切れた更新プログラムを削除します。期限切れの更新プログラムを WSUS 同期マネージャーの削除、WSyncMgr.log ファイルに次のエントリを表示できます。

古い有効期限の切れた更新プログラムを削除しています.期限切れの更新 SMS_WSUS_SYNC_MANAGER を SMS_WSUS_SYNC_MANAGER 削除 100


2995 削除済みの有効期限が切れた更新プログラム SMS_WSUS_SYNC_MANAGER を合計します。

コンテンツのクリーンアップ

有効期限の切れた更新プログラムが削除されていると有効期限の切れた更新プログラムのコンテンツが孤立する可能性があります。WSUS 同期マネージャーは、この孤立したコンテンツも削除します。コンテンツのクリーンアップの一部として、WSUS 同期マネージャーを現在のサイトが所有しているパッケージを分析し、参照されなくなった場合、およびパッケージのソース ディレクトリからコンテンツを削除するコンテンツを検索します。既定では、1 日以上の孤立した場合にのみ、コンテンツが削除されます。

配布ポイント (Dp) に更新されたコンテンツを送信するためのコンテンツが削除された場合は、クリーンアップ処理パッケージも更新されます。WSUS 同期マネージャーでは、孤立したコンテンツを削除するときは、WSyncMgr.log ファイルに次のエントリを表示できます。

元<PackageSource>SMS_WSUS_SYNC_MANAGER (EPDefinitions) パッケージ CS100006 の孤立したコンテンツを削除します。
孤立したコンテンツ フォルダーを削除する<PackageSource>\51b6db15-6938-4b37-9fa8-caf513e13930.。SMS_WSUS_SYNC_MANAGER
.
.
孤立したコンテンツ フォルダーを削除する<PackageSource>\526b6a85-a62c-4d54-bc0d-b3409223b0df.。SMS_WSUS_SYNC_MANAGER
12 孤立したコンテンツ パッケージのフォルダー CS100006 (EPDefinitions) SMS_WSUS_SYNC_MANAGER を削除
更新パッケージ CS100006 (EPDefinitions) SMS_WSUS_SYNC_MANAGER</PackageSource></PackageSource></PackageSource>


期限切れの更新やコンテンツのクリーンアップの詳細については、次の資料を参照してください。

WSUS サーバーのメンテナンス

WSUS データベースの最適なパフォーマンスを保つためには、定期的に WSUS データベース (SUSDB) で WSUS クリーンアップ ウィザードのタスクを実行し、構成マネージャーの環境でソフトウェアの更新ポイントの役割をホストしている WSUS コンピューター上の WSUS データベースを再作成も実行するお勧めします。WSUS クリーンアップ ウィザードのアクションを実行すると、複数レベルの階層で、する必要があります最初に WSUS のチェーンの最下層でクリーンアップ処理を実行して、上に移動次の層にクリーンアップ ウィザードのタスクを実行します。続行してくださいで、階層の最上位層の WSUS のコンピューターに到達するまで。同一の層の複数のサーバーに同時にこの WSUS の保守作業を実行できます。

インデックスの再作成は、WSUS のコンピューターの SUSDB 上の任意の順序で実行できますが、クリーンアップし、最初にインデックスの再作成プロセスを実行して、WSUS のコンピューターごとにインデックスの再作成を実行し、クリーンアップ ウィザードのタスクを実行し、実行するお勧めします。インデックスの再作成をまず SUSDB のパフォーマンスをチューニングする場合、クリーンアップ ウィザードのタスクがより迅速に完了します。

(SUSDB) の WSUS データベースのインデックスを再構築

次のマイクロソフト TechNet リソースでスクリプトを使用して WSUS データベース (SUSDB) の再作成ことができます。

WSUS データベースが Microsoft SQL Server のインスタンスにインストールされている場合は、データベース ・ サーバに接続して、データベースのメンテナンス スクリプトを実行する SQL Server Management Studio を使用します。

Windows 内部データベースには、WSUS データベースがインストールする場合、SQL Server Management Studio Express または sqlcmd ユーティリティを使用できます。

SQL Server Management Studio Express を使用するには、以下の手順を実行します。
  1. SQL Server Management Studio Express を起動し、データベース ・ サーバに接続します。
    • Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 は、サーバー名は次のようになります。
      \\.\pipe\MICROSOFT##WID\tsql\query
    • 以前のオペレーティング システムのサーバー名は次のようになります。
      \\.\pipe\MSSQL$MICROSOFT##SSEE\sql\query
  2. [新しいクエリ] をクリックして、データベースのメンテナンス スクリプトの内容を新しいクエリに貼り付けるし、し、[ Execute] をクリックします。
Sqlcmd ユーティリティを使用するには、次の手順を実行します。
  1. 管理者の資格情報を使用してコマンド プロンプトを開きます。
  2. オペレーティング システムに応じて、次のコマンドのいずれかを実行します。

    Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2。
    sqlcmd -S \\.\pipe\MICROSOFT##WID\tsql\query -i <scriptLocation>\WsusDBMaintenance.sql</scriptLocation>
    古いオペレーティング システム。
    sqlcmd -S \\.\pipe\MSSQL$MICROSOFT##SSEE\sql\query -i <scriptLocation>\WsusDBMaintenance.sql<b00> </b00> </scriptLocation>
詳細については、次の資料を参照してください。

ヒント:WSUS データベースが SQL Server または Windows 内部データベースでホストされているかどうかすればよいかわからない場合は、WSUS サーバー上の次のレジストリ キーを確認します。
HKLM\Software\Microsoft\Update Services\Server\Setup\<SQLServerName>

サーバー名またはServer\Instanceのみを表示する場合は、SQL Server を使用しています。##SSEEまたは##WIDの文字列が含まれることを確認する場合は、Windows 内部データベースに WSUS データベースがインストールされています。

ヒント:インストールする Express SQL Server Management Studio のバージョンを決定するには、次のガイドラインに従います。
  • Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 の場合は、次のフォルダーに移動し、最新のエラー ログ ファイルをメモ帳で開きます。
    C:\Windows\WID\Log
  • Windows Server 2008 R2 または以前のバージョンでは、次のフォルダーに移動し、最新のエラー ログ ファイルをメモ帳で開きます。
    C:\Windows\SYSMSI\SSEE\MSSQL.2005\MSSQL\LOG
エラー ログ ファイルの最上部では、バージョン番号 (たとえば、x 64 9.00.4035.00) が表示されます。バージョン番号を調べるには、次の資料を参照してください。

バージョン番号を使用するか、サービス パック レベルを SQL Server Management Studio Express 用の Microsoft ダウンロード センターを検索します。


WSUS サーバーのクリーンアップを実行しています。

WSUS サーバー クリーンアップ ウィザードは、 WSUS コンソールから実行することができます >オプションです。毎月約 1 回、WSUS のメンテナンスを実行することをお勧めします。クリーンアップが実行されていないと、WSUS のコンピューターが長期間には、実稼働環境では、それをクリーンアップは、タイムアウトを可能性がありますが、失敗します。この問題が発生した場合のみ、未使用を更新し改訂版の更新チェック ボックスをオンにクリーンアップを実行します。(これは、一番上のチェック ボックスです)。その後、処理が次のチェック ボックスが選択されている WSUS サーバー クリーンアップ ウィザードを実行する前に完了するまで待ちます。このクリーンアップ処理を完了するのにはいくつかのパスを必要があることに注意します。最後に、選択したすべてのオプションを使用してクリーンアップを実行します。WSUS サーバー クリーンアップ ウィザードの詳細については、次の資料を参照してください。

優先された更新プログラムのクリーンアップ


WSUS が構成マネージャーを使用して内蔵されているときに WSUS クリーンアップ処理の制限のため置き換えられた更新プログラムを削除できません可能性があります。したがって、定期的に適切な WSUS サーバー上のすべての不要な更新を拒否することをお勧めします。不要な更新プログラムが置き換えられた更新プログラム、製品の更新プログラムを含めるか、クライアント環境、および有効期限の切れた更新プログラムには複数の分類は存在しません。手動で WSUS コンソールで更新プログラムを拒否したり、次のスクリプトを使用できます。

ここで示されるような変更を加える前に、WSUS データベース (SUSDB) を常にバックアップします。

また、不要な更新プログラムを deline した後する必要があります SUSDB のインデックスを再作成、必要に応じて不要な更新プログラムを削除するのには多くの時間を 1 つの WSUS サーバー クリーンアップ ウィザードを実行してください。パーツは構成マネージャー ソフトウェア更新プログラム グループから、更新プログラムを削除します。ScriptA を使用して WSUS のクリーンアップ サンプル スクリプト WSUS 環境に置き換えられた更新プログラムのスクリプト化された低下をことができます。サンプル スクリプトを見つけることができます。 ここで.更新では、最上位の WSUS インスタンスを辞退し、レプリカ モード用に構成されているダウン ストリームの WSUS インスタンスにレプリケートする必要があります。自律モードで実行されているすべての WSUS インスタンスでスクリプトを実行する必要があります。スクリプトを使用するには、"辞退-SupersededUpdates.ps1"と名前を変更して、次の手順を示すように使用してください。同様に、運用環境でスクリプトを展開する前にラボ環境でこのスクリプトをテストするのには重要です。

スクリプトに関する注意事項
WSUS サーバーの既定のポートは 80 です。ただし、WSUS のカスタムの IIS サイトにインストールされている場合は、WSUS は、異なるポートを使用可能性があります。WSUS を使用しているポートを決定し、そのポートを次の例では、 -ポートのパラメーターを変更する必要があります。

-DeclineLastLevelOnlyだけでその更新を拒否した引数は、他の更新プログラムを置き換えます。この引数を省略した場合は、置き換えられた更新は拒否されます。「辞退」以外の状態で優先される更新プログラムのみがこのまま
スクリプトを実行します。
  1. WSUS では、置き換えられた更新プログラムの数を表示する-SkipDeclineスイッチを使用してスクリプトを実行します。などは、テストを実行、[SSL を使用しない WSUS サーバーに対して次のコマンドを使用します。

    サーバー名の辞退-SupersededUpdates.ps1-UpdateServer-ポート 80 SkipDecline
  2. 置き換えられた更新プログラムのみを拒否していない (リーフ レベルの更新プログラム) の更新プログラムを置き換えます。

    サーバー名の辞退-SupersededUpdates.ps1-UpdateServer-ポート 80 DeclineLastLevelOnly
  3. または、すべて置き換えられた更新プログラムを拒否するのには次のコマンドを使用することができます。

    辞退-SupersededUpdates.ps1-UpdateServer サーバー名 - UseSSL-ポート 8080
WSUS コンソールから WSUS のクリーンアップ
またはした場合に手動で更新プログラムを拒否する、これを行う WSUS コンソールから直接。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Windows Update サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) を開きます。
  2. すべての更新プログラムのビューを選択します。これを行うには、任意の状態での辞退を除くすべての承認状態を表示するように設定し、[更新] をクリックします。
  3. 置き換え] 列を表示します。これを行うには、列ヘッダーを右クリックし、置き換えを選択し、します。
  4. 置き換え順に並べ替えます。これを行うには、置き換えの列をクリックします。
  5. 選択し、優先される更新プログラムを拒否します。
置き換えられた更新プログラムのクリーンアップの詳細については、次の資料を参照してください。

ConfigMgr 2007 の構成マネージャー 2012 R2

プロパティ

文書番号:3090526 - 最終更新日: 09/14/2015 20:34:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 2, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager Service Pack 1

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbhowto kbinfo kbmt KB3090526 KbMtja
フィードバック